11/1公開!超新作映画『ビブリア古書堂の事件手帖』ネタバレ無し感想文 〜本には持ち主のドラマがある〜

古書に関することなら朝飯前、人見知りという弱点は吹き飛び、スラスラと本について喋り出すビブリア古書堂の店主・篠川栞子(黒木華)

ひょんなことからその古書店でアルバイトとして働くことになった本を読むことができないフリーター・五浦大輔(野村周平)

この2人の元に舞い込む奇妙な客人が持ち込む事件を次々と解決していくバディものが原作小説『ビブリア古書堂』シリーズです。

映画化された小説の第1巻は4編のエピソードから成り立っていて、栞子は冒頭から入院しっぱなしでベッドから動けない!大輔はそんな栞子の元に直接足を運び、客人からの依頼内容を口頭で栞子に説明すると…彼女は現場行かずして病室で事件のすべて推理をし的中させてしまうという『ボーン・コレクター』のデンゼル・ワシントンを彷彿とさせる名探偵っぷり!

フジテレビで連続ドラマ化された際はキャスティングが合ってない!と大炎上したものの、ドラマオリジナルのキャラクターを加え物語を賑やかせつつ、原作通り1話完結仕立てにしたことで原作の軽妙さを生かしたシリーズとなりました。

そして、今回の三島有紀子監督版『ビブリア古書堂』はドラマの逆手をとって、登場人物を限界まで省略し、夏目漱石の『それから』と太宰治の『晩年』この2冊にまつわるエピソードに絞り、さらには原作には無かったとある人物の背景を掘り下げることで、全く違ったディープな1本に仕上がっています!

登場人物を絞ったことでミステリーとしての意外性は希薄になりましたが、原作では描かれなかった【過去パート】をしっかり描くことで現代で扱っている2冊の本がリンクし、切ないラブストーリーが展開。全く関係ないと思っていた回想シーンがまさかの繋がりを見せてくれる驚きが!

この大胆な省略と追加は「本には持ち主のドラマがある」という原作小説の精神を最大限に具現化した結果ではないでしょうか?

「好きです!」と思ったことなんでも言っちゃう馬鹿らしいラブストーリーではなく、本を渡す時の手の力み方、実際の距離感、カツ丼…など説明に頼らず【映画ならではの描写】で男女の心の距離を表現しつつ、劇中で扱われる小説に実際にある文章や台詞を引用しながら交流を深めるという描写もお見事で、三島有紀子監督の演出が冴え渡っております!

原作ファンからすればドラマ版で足りなかった部分を補ってくれているし、初見の人からしたら、しっかりサプライズがあって楽しめる美しくて落ち着いた良作です!