2月1日公開!超新作映画『七つの会議』感想文 〜靴を脱がせない!原作を読んでビックリしたこととは…!?〜

ハリウッドに比べて日本映画はスピーディーに展開できない。なぜなら、靴を脱ぐからだ。

日本映画の巨匠・小津安二郎監督はそう悲嘆したらしい。

本作『七つの会議』の監督は次々と映像化される池井戸潤作品『半沢直樹』『下町ロケット』『陸王』の演出の長である福澤克雄!

これらの池井戸ドラマでは原作に登場する【巨大な組織に立ち向かうサラリーマン】の家庭が描写される。これはテレビドラマという性質上当たり前なのかもしれないが、このアプローチをすることにより登場人物たちは靴を脱ぐことになる。

原作『七つの会議』は7章の短編と書き加えらえた最終章、全8章の中で巨大な会社の中で生きる人物たちのやはり家庭が描かれているが、今回の映画化にあたりその描写は一切省かれた。

もちろん2時間という尺を考慮しての省略だったかもしれないが、これが功を奏しスピード感のあるクライムサスペンスに仕上がっている!

予告編を観る限り、キャストとスタッフという座組みからして

 

半沢直樹–堺雅人+野村萬斎=七つの会議

 

だろうな〜程度の印象だったのだが、本編を観ると先述した【靴を脱がさない】ことで予想を裏切る傑作に!あっぱれであります!

福澤監督の功名はこれだけではない!

試写会で本編をみさせて頂き、不幸になる社員の前に神出鬼没で現れ不気味な笑いをぶちかます喪黒福造ポジッションにつく主人公の野村萬斎、あらゆる顔筋肉を自由自在に操る顔芸炸裂の香川照之、ドーナッツを潰して捨て台詞を吐いて話してる途中でゼハハハハハ!と魔王のごとく笑う料理の鉄人・鹿賀丈史……などの役者によるおなじみの怪演。

さらには会社からのプレッシャーによる嘔吐シーン、椅子から転げ落ちるシーン、破いた書類を頭にふりかけるパワハラシーン……

脳裏から離れない強烈なシーンが連発されます。

こういった福澤節炸裂の演出によるわかりやすいかつやりすぎ!演技に「よっ!待ってました!」とニヤニヤが止まらなかった訳ですが、原作を読んでみると……

 

 

そういった描写は一切ない!!!

 

え…!!!

 

勉強不足で池井戸作品を初めて読みましたがこの衝撃たるや…。

つまり、緻密に構成された池井戸原作の個性を強め、アウトレイジに似た怒鳴りあう気持ち良さを演出しているのは福澤監督だったのです…!

さらに、原作ではあらゆる人が事の真相をそれぞれ知っていくという作りで、ミステリー要素が薄めなんですが、映画版ではミッチー演じるゲロ社員とドーナッツ女演じる朝倉あきを【何も知らない人物】に配置したことで、観客はこの2人と同じ体験できるようになっている!

スターウォーズで言う所のC-3POとR2-D2という庶民視点にあえて2人を落とし込んでるわけです!

観客の代わりにこの2人が事件の闇に入っていく…しかし、どうもできずにただただ見守るしかない。レイモンド・チャンドラーの探偵小説にあるノアール的な闇の深さも見事に演出されています。

真相が案外、早めに提示される原作をだいたんにアレンジし推理要素を濃くしているのです!

小説でも十分に面白い池井戸作品を福澤監督が映像用にアレンジしていく…なんと素敵な二人三脚。

「原作をまんま映像化すればいい」と忠実度を意識しすぎておかしなことになってしまう映画化が多い中でこのタッグは稀有じゃないですか?

池井戸ドラマ好きはもちろん必見ですし、今まで触れてこなかった方々、思い込みがある方はぜひ行っていただきたいこの冬公開の日本映画で今のところダントツおすすめの1本です。

超新作映画『マスカレード・ホテル』感想文 〜叱られる木村拓哉さんと叱る長澤まさみさん、神出鬼没の文世さん〜

ミステリーは映画に向いていない。

意外に思われるかもしれませんが、サスペンスの神様であるヒッチコックはそう明言していてミステリーの映画化はそれなりの工夫をしないと成り立たないのが常で、本作『マスカレード・ホテル』はもうすでに発生している連続殺人を謎解いていく推理要素に加えて【次に起きる新たな殺人の阻止】というサスペンス【容疑者かもしれない多種多様な宿泊客の人間模様】という群像劇的要素2つの軸を用いることで観客を飽きさせない作りになっていてミステリー映画として素敵です。

昨年公開された原田眞人監督『検察側の罪人』で罪を犯してしまう悪者検察を演じ、ネクストレベルに到達したと言わしめた木村拓哉さんが次の殺人現場となるホテルにホテルマンとして潜入する頭キレキレ刑事・新田を。

原作の荒削りでやさぐれていながらも鋭い洞察力も兼ね備えているという絶妙なカリスマ感を体現できるのはキムタク意外に誰がいようか!?

※原作者の東野圭吾さん自身がキムタクのキャスティングを望んだようです。

敏腕ホテルマン・山岸を演じる長澤まさみさんに「第一ボタン、ネクタイもしっかり閉めて、髪も髭も整えて」とドS丸出しの指導をされて「うるせぇなぁ」を言いながらもしっかり言うこと聞いて、なんなら「ホテルマンって素敵な仕事だな〜」って心が変化してきているところなんてキャワイイ。ただのカリスマ性だけでなく、言われちゃう側が似合うようになってきたと、ある意味で新境地じゃん!って思ってるのは僕だけでしょうか?

そんなキムタクにビシバシ言えてしまうのも長澤まさみさんじゃなきゃ成立しないですよ!これは。美しさと芯の強さってのもあるけれど、良い意味で空気読めない浮いた感が僕は大好きです。『モテキ』の「しゅしゅしゅしゅしゅ〜!お先にドロンしま〜す!」って可愛さで誤魔化されてるけど、一歩間違えればさらし首ですよ!こんな行為!戦国時代じゃなくてよかった。ゾンビ邦画の傑作『アイ・アム・ア・ヒーロー』でも怖気付く大泉洋さんに無線で「助けろよぉおお」と吐く場面も独特のまさみ節発揮され映画のバランス関係なく異質なものが入ってきた感がありますよね!

長澤まさみさんってとっても非現実的存在で天使みたいな人でありながらもこの人なら何やっても許されるし映画として浮いててもこの人ならイイ!ってなる不思議な魅力があると思います。

だから、まるでターミネーター3の女アンドロイドのアイツのように表情を崩さずホテルのフロントを闊歩して、あらゆる事態に冷静に対処する姿を見てると…なんかこいつヤバそう!と存在に違和感を感じる勢いなんですけど、それがしっくりきます。

キムタクはキムタクでスターでありカリスマ・ヒーローであるから非現実的で、そこに対抗するにはまさみちゃんか岩下志麻さんしかいないんですね!

この2人のコンビ以外にもいろいろ役者さん大活躍されていて、あげればキリがないので1人だけ言うとやっぱり【かゆいところに手がとどく神出鬼没の小日向文世さん】です!

フラ〜っと現れて新田を助けるし、終盤の文世in名古屋には拍手喝采ですよ!よっっっ!!!!

「新田さんは助けたくなるような不思議な魅力がありますよ」って文世さん言うけど、いやいや!文世さん!あなたが一番不思議な魅力ありますから!と叫びたい。

 

で、本作はイイ意味でも悪い意味でも忠実に原作を再現していました。

同時に各所で話が進む原作を映像で見せるために整理してテンポよくみせるのはさすが鈴木雅之監督。ドラマの演出を経て大衆の心を掴み続けてきた監督の培ったスキルのおかげ。

原作に変に手を加えず(原作にあった刑事とホテルマンの疲労感と泥臭さは個人的には欲しかったですが…)変なアレンジしなかったことによって、テーマや本質を見失わず再現。たた小説の文章だから理解できるお客さんの【理解の領域】映像にした時の【理解の領域】はちょっと違うので、もう1工夫あったら助かった気もします。

冒頭で述べたヒッチコックの定義というのが、これでして。【すでに発生した事件を推理する】という行為を映像で見せるのってセリフや説明を用いた説明シーンになってしまう。だから話が止まるし地味だし、要は観客が一気に退屈になってしまうんですね。本作は、そこに工夫を十分こらしてるんですが……それでもキムタクがまさみちゃんにいろいろ説明する場面は…まぁ退屈……だし…頭こんがらがります。これは作り手が悪いとかじゃなくて、元来仕方ないことなのですね!

が…今年の映画初めとしてはかなりふさわしい豪華絢爛なストレスのないイイ面白さ!ぜひみんなでチラシを見て「誰犯人だろ〜?」なんて当てっこしながら劇場でワイワイしてください!

新作映画『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』感想文 〜不秩序な世界に発せられた父の言葉に涙!〜

桐島、部活やめるってよ。というタイトルを聞き、で?だから?と思ってしまったように、今回の映画『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』のストーリー「学生がカンニングしたってよ」を聞いても、…それで?だからなんなの?となってしまうのは事実だし、青春映画においてはこのような【罠】が多い。

たしかに、6つの石を集めて世界を滅亡させようとする宇宙人を阻止しようとするヒーロー達や、プルトニウムを悪用しようとするテロリストを身体を張って止めようとするスパイが活躍するような娯楽映画を観ていて、それらが作品を楽しむ基準に自然となってしまっていたら、カンニングという行為などとーっても小さいアクションだし、そもそもそれは映画になるのかよ⁉︎と懐疑的になってしまうのも無理はない。

が……

現実的な生死を体感していない青春時代を生き抜く若者には彼らなりの問題があるわけで、彼らの視点からしたらカンニングの成功、失敗は生きるか、死ぬか?という問題とほぼイコールで結ばれる!

カンニングというか、そもそも試験という文化から遠のいてしまった私たちにとっても、本作のカンニングという名のミッションは手に汗握る一流サスペンスとして描かれている。

「答えを記入した消しゴムを後ろの席の人に渡す」

序盤に登場するこれだけの動作で心臓バックバク!もちろんカット割りや音楽などのテクニックを用いた手法によって生まれた緊迫感ではあるものの、このシークエンスの前に【主人公にとっていかに試験が学歴が重要で人生に関わるか】をみっちり描いてるからこそ!

何よりクライマックスの畳み掛けは生きた心地がしない!

白人の試験官に追い回される様は、あれ?今ターミネーター観てるんだっけ?と錯覚に襲われるほど。

一度、ダークサイドの堕ちてしまった友人を憐れむ主人公との対峙も切ない名場面の1つ。

学歴主義の社会を若者という【弱者】が必死に生き抜いてるからこそ、カンニングという不正が悪いことだとはわかっているけど、致し方ない事なのか…?と。何が幸せで何が不幸なのか?わからない不秩序な状態で主人公の父が発したラストの台詞に気づけば涙が……。

競争!競争!学歴!学歴!と殺伐としていた世界に親の真心がふと表れる瞬間があるとてつもなくイイ映画、それが『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』です。