最新作『21世紀の女の子』『おいしい家族』映画監督ふくだももこ インタビュー 後編

—-そして現在、劇場で絶賛公開中の『21世紀の女の子』ですよ!山戸監督が集めた15人の女性監督が短編を撮りそれを集めたオムニバス形式。事前にももちゃんから聞いてたけど濃密で疲れました!笑 もちろんイイ意味で!この仕事はどういった経緯で?

ふくだ「ありがたいことに山戸監督ともう1人のプロデューサーのダブル指名で、去年の2月にうちにオファーが来たの。プロデューサーがうちの小説を読んでくれたようで…」

—-ももちゃんは小説2本出してるからね。笑 受賞もしてるという天才ぶり!

ふくだ「いやいや。山戸さんなんて雲の上の存在で。いつか同じ時期に同じ映画館でお互いの作品が上映されたらええな〜ってなんとなく思ってたら…まさかの向こうから声をかけてくれて…

—- ご指名は嬉しいね。じゃあオファーのきっかけは小説なんだね。『21世紀の女の子』はオムニバスだけど全作を貫くテーマがあるじゃない?
“自分自身のセクシャリティあるいはジェンダーがゆらいだ瞬間が映っていること”それ以外は特にノーヒントで丸投げ?

ふくだ「そうやな……むずい。笑」

 

 

—- 笑 でその中の『セフレとセックスレス』という作品をももちゃんは撮ったわけだけど、テーマはどう解釈したのかな?

ふくだ「正直言うと、頂いたテーマの前にもうこのタイトルだけの閃きはあったんよね

—-タイトルがイイよね!笑  一行でもうすでに矛盾が生じてるという。

ふくだ「そうそうそうそう!この一行で2人の人間がいて過去、現在、未来が混在する感じがして面白いよね」

—-相反する言葉でもないしね、絶妙なバランスだよね!

ふくだ「実はこれうちの元カレの携帯のメモにあった言葉で…笑

—-え!そんな大胆なメモ!彼氏にセフレがいたの!?笑

ふくだ「そういうわけじゃなく、たまたま彼がワードとして面白い!とも思ってメモったみたいで」

—-『貧乳クラブ』もそうだけど、他の人から与えられたヒントに化学反応起こして数倍も面白くする力がふくだ先生にはあるよね!

ふくだ「先生はやめて。笑 “自分自身のセクシャリティあるいはジェンダーがゆらいだ瞬間が映っていること”っていうテーマに対して、うちなりにいろいろ思うことはあったんだけど、それを8分の短編には昇華できなくて…。その時に彼氏のメモを思い出して、最初はこのタイトルでPVでも撮ろうと思ったんだよね。友達に歌ってもらって」

—-作品内にも主題歌として流れてたね

ふくだ「そんな時に『21世紀の女の子』のお話を頂いたから。テーマと関係あるとは言えないけど、やっちゃおうと。笑

—-笑  黒川芽以さんと木口健太さんのキャスティングはどういう経緯?

ふくだ「脚本を書いた時から最初からこの2人にお願いしたいと思ってたんだよね〜。黒川さんは前に撮った『父の結婚』を観てくださって私の作品が好きだって言ってくれてて!で、それから交流はもともとあって『セフレとセックス』の脚本送ってくれたら快く承諾してくれたんだよね」

—-黒川芽以さんがセフレ役だなんて…ぜ、贅沢な…!

ふくだ「それで2人でカフェで脚本読んでくれて、その場でどうなったらもっとよくなるか?って話し合ったの」

—-じゃあ、黒川さんと2人で脚本をブラッシュアップしたと。

ふくだ「そうそう!好きだから感じなくなったっていう話なんだけど、そのアイデアは黒川芽以さんが出してくれたの」

—-はぁ!なんと素敵な提案!タイトルに沿った、物語の核を表した言葉じゃん!

ふくだ「そうそう!もともとはもっと詩的な話だったんだけど、黒川さんのその提案で作品のトーンが変わったんよね

—-黒川さんのベッドで仰向けになってて、下半身は写ってないんだけどどうやらセフレ役の木口さんがいろいろ工夫をこらしてくれてるんだけど…黒川さんは感じないという。「あれ?ここ気持ちがってたよね?」って。いや、手もみんじゃないんだから!笑

ふくだ「あはははは!笑 あの場面もうちと黒川さんで考えたんだよね。その脚本ミーティングしてる場に木口健太さんを呼び出して、読み合わせしてもらったんだ。笑」

—-カフェで!笑

ふくだ「即興芝居もしてもらったし。そこでの2人のとっさに出てくる表情もいいし言葉も良くて」

—-そうなんだ!じゃあ、そのキャストと作り上げてく感じ、自主映画に近い楽しさあるね。

ふくだ「そうだね!あの映画は基本みんなそんな感じなんだけど、うちの作品が一番手作り感あったかも」

 

—-マニキュアのシーンも良かったし、ももちゃんの映画は自然な日常会話になりつつ笑えて、ちゃんとエンタテイメントになってるよね

ふくだ「自分なりに短編を面白く撮れるよう工夫してて、8分で起承転結やるのは難しくて1つなにかを飛ばさなきゃいけなくて…。うちはちゃんと終わらそうと思ってて、タイトルの主張が強いのと主題歌があらすじを代弁してくれてるってのはありがたかったね」

—-映画始まって『セフレとセックス』ってタイトルが出た時点で「起」はもうすでに済んでるという。笑

ふくだ「そうなんだよね」

—-タイトルと歌が秀逸で短編の手助けをしてくれてるんだね。終わり方も2人の決着はついてるけど、まだ未来もあっていいよね。あと黒川芽以さんのあの最後のセリフ!彼氏や夫に対しては絶対出ない言葉だよね。セフレだから出る一行。全くそれまでエロさを感じなかったのに…最後エロかった〜。急に色気が出てドキッとしてしまいました。

ふくだ「やったぁ!そうやねん!あそこだけは綺麗に撮ろうと思ったの。普段、綺麗な人を人間的に醜くとろうと思ってて、ただあのラストは綺麗に撮ろうと心がけてたね。普段うちあんまり演技の演出はしないんだけど、あそこはけっこう指示をしたし、カメラの角度も工夫した」

—-びっくりしたよ!急にエロいじゃない!ももちゃん!笑

ふくだ「よかった。エロいシーンうちが照れちゃうし、観てても余計なこと考えちゃうん…笑」

—-その照れはあるよね。タイトルにセフレとセックスって言葉が入ってるのに、内容はエロくないという。エロ目的で観た人はブチ切れだね。笑

ふくだ「そうなんですよ。すみません。笑」

 

—-そんなふくだももちゃんは新作『おいしい家族』公開が控えているという!

 

ふくだ「前に撮った短編の『父の結婚』を長編にしませんか?とお話いただいて、長編で商業映画デビューさせていただけるというありがたいお話。あの時描ききれなかった事をここで改めて描かせてもらってるのでぜひ観てください」

—-今後が楽しみ!応援してます!

ふくだ「ありがとう!斉藤くんも演技磨いて役者デビューしてください!

—-演技苦手!

ふくだ「知ってる!下手だもん!笑」

—-ひぃいい!

 

『21世紀の女の子』現在劇場にて公開中

http://21st-century-girl.com/story/

 

『おいしい家族』9月20日 全国ロードショー

 https://oishii-movie.jp/

 

ふくだももこ

https://twitter.com/fukuda_27

 

聞き手:ジャガモンド斉藤

インタビュー写真:えりざべす

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です