2月1日公開!超新作映画『七つの会議』感想文 〜靴を脱がせない!原作を読んでビックリしたこととは…!?〜

ハリウッドに比べて日本映画はスピーディーに展開できない。なぜなら、靴を脱ぐからだ。

日本映画の巨匠・小津安二郎監督はそう悲嘆したらしい。

本作『七つの会議』の監督は次々と映像化される池井戸潤作品『半沢直樹』『下町ロケット』『陸王』の演出の長である福澤克雄!

これらの池井戸ドラマでは原作に登場する【巨大な組織に立ち向かうサラリーマン】の家庭が描写される。これはテレビドラマという性質上当たり前なのかもしれないが、このアプローチをすることにより登場人物たちは靴を脱ぐことになる。

原作『七つの会議』は7章の短編と書き加えらえた最終章、全8章の中で巨大な会社の中で生きる人物たちのやはり家庭が描かれているが、今回の映画化にあたりその描写は一切省かれた。

もちろん2時間という尺を考慮しての省略だったかもしれないが、これが功を奏しスピード感のあるクライムサスペンスに仕上がっている!

予告編を観る限り、キャストとスタッフという座組みからして

 

半沢直樹–堺雅人+野村萬斎=七つの会議

 

だろうな〜程度の印象だったのだが、本編を観ると先述した【靴を脱がさない】ことで予想を裏切る傑作に!あっぱれであります!

福澤監督の功名はこれだけではない!

試写会で本編をみさせて頂き、不幸になる社員の前に神出鬼没で現れ不気味な笑いをぶちかます喪黒福造ポジッションにつく主人公の野村萬斎、あらゆる顔筋肉を自由自在に操る顔芸炸裂の香川照之、ドーナッツを潰して捨て台詞を吐いて話してる途中でゼハハハハハ!と魔王のごとく笑う料理の鉄人・鹿賀丈史……などの役者によるおなじみの怪演。

さらには会社からのプレッシャーによる嘔吐シーン、椅子から転げ落ちるシーン、破いた書類を頭にふりかけるパワハラシーン……

脳裏から離れない強烈なシーンが連発されます。

こういった福澤節炸裂の演出によるわかりやすいかつやりすぎ!演技に「よっ!待ってました!」とニヤニヤが止まらなかった訳ですが、原作を読んでみると……

 

 

そういった描写は一切ない!!!

 

え…!!!

 

勉強不足で池井戸作品を初めて読みましたがこの衝撃たるや…。

つまり、緻密に構成された池井戸原作の個性を強め、アウトレイジに似た怒鳴りあう気持ち良さを演出しているのは福澤監督だったのです…!

さらに、原作ではあらゆる人が事の真相をそれぞれ知っていくという作りで、ミステリー要素が薄めなんですが、映画版ではミッチー演じるゲロ社員とドーナッツ女演じる朝倉あきを【何も知らない人物】に配置したことで、観客はこの2人と同じ体験できるようになっている!

スターウォーズで言う所のC-3POとR2-D2という庶民視点にあえて2人を落とし込んでるわけです!

観客の代わりにこの2人が事件の闇に入っていく…しかし、どうもできずにただただ見守るしかない。レイモンド・チャンドラーの探偵小説にあるノアール的な闇の深さも見事に演出されています。

真相が案外、早めに提示される原作をだいたんにアレンジし推理要素を濃くしているのです!

小説でも十分に面白い池井戸作品を福澤監督が映像用にアレンジしていく…なんと素敵な二人三脚。

「原作をまんま映像化すればいい」と忠実度を意識しすぎておかしなことになってしまう映画化が多い中でこのタッグは稀有じゃないですか?

池井戸ドラマ好きはもちろん必見ですし、今まで触れてこなかった方々、思い込みがある方はぜひ行っていただきたいこの冬公開の日本映画で今のところダントツおすすめの1本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です