新作映画『散り椿』感想文 〜ちょっと!これはすごすぎる!V6 岡田くんの新境地到達を目撃せよ!〜

「時代劇」

聞くだけで食わず嫌いしてしまう人もいるだろうし、いくらそれがV6の岡田准一主演だとしても広告から漂う静かな雰囲気が「なんか地味そう…」と思わせてしまうのもわからなくもない!ない!

しかし!

そんなもんじゃなかった!!!

ラブストーリーをベースにした岡田くんによるリベンジ映画でした!!!

 

監督、撮影は生きる伝説・木村大作さん。

若かりし頃から黒澤明監督の作品に撮影助手として『隠し砦の三悪人』『用心棒』などに参加し、そこからも『八甲田山』『鉄道員』など。(雪大好きな監督)本作『散り椿』は監督作としては3作目。

経歴的に【日本映画の本流】といえる映画人ならではのこだわりが随所に。

もちろんデジタルはなくフィルム撮影による独特の画面のザラつきが逆に新鮮でこれまた味わい深く、中でも黒木華が頬に流す一筋の涙はまるでCGで加工したかのように白く輝いていて美しい!(どうやってるのかわからないんだけど、おそらく照明さんとの職人技!)

スタジオは使わずオールロケという試みにより、もちろん現実味は増していて室内から映す外の葉の揺れや自然光の当たり具合など、大河ドラマ等で見飽きたスタジオにある人工的な雰囲気とは一線を画す領域。

普通は画面に役者がしっかり映るように加減して降らせる雨、雪もリアルを追求し容赦なく土砂降らせていて笑っちゃうほど。

 

 

待ってよ、待ってよ。だとしてもなんか退屈そうじゃん…と思ったそこの君!

僕もそう思ってたんですよ…岡田くんの殺陣を目にするまでは!

 

もう、本当にスゴイんだから!!

 

三池崇史監督『十三人の刺客』(2010)を観ると一目瞭然なんですが、若手の役者さんらの殺陣と違って松方弘樹さんの刀の使い方って全く違うんです。

腰が入っているというか、本当に重たい真剣を振っているんだっていう迫力がありました。

「ああ〜、やっぱり昔からの役者さんは別格だな〜」って思ったの覚えてるんですけど……

いやいや。岡田くん!!!岡田くん!!!…岡田くん!!!!

木村監督は高倉健さんを意識させたっておしゃってるんですけど、これは明らかに『用心棒』『椿三十郎』の三船敏郎さんですよ!!

 

 

刀を抜いて何人も一気に斬る一連の流れを1カットで撮るのはまんまだし、そもそも本作の御家騒動だったり、用心棒として利用される展開や、何より「椿」というモチーフは明らかにそれと重なる部分があります。(原作があるわけですが、監督の脳裏には『用心棒』『散り椿』がこびり付いていたはず)

三船さん演じる三十郎をもっと堅実にした感じが今回、岡田くんが演じる瓜生新兵衛という浪人武士。

岡田くんが自ら考えたという刀の殺陣はもちろん斬る前と斬った後の覇気がスゴイの!

度々、襲ってくる刺客を岡田くんは殺すのではなく、手首に傷を負わせて刀を握れなくさせたり打撲によって戦意を喪失させ、つまり「故郷に帰りな」という紳士な振る舞い。

なんですが……

後半、岡田くんの感情が表に出てきて【本気】で斬る場面が登場するんですが、刀を抜くときに体から滲み出るモノが全く違うんですよ!覇気というか殺気というんでしょうか?

少し猫背気味になって怪しい雰囲気を醸し出し、ためてためてヌラリと刀を抜く…

 

や、やばい!こいつ本気だ!!!

 

ってすぐわかる。すげぇ怖いの。

そんなマンガ見たいな話…と鼻で笑ったそこのアナタ!劇場で観てみればわかるから!!!

ほんとに体からなんか出てるんだって!

 

そんな殺気ガンガン放ちまくって人を斬りまくる岡田くんに対して敵が一言…

 

「鬼か…」

 

キャーーーーーーー!ばんざーーーーーい!かっくいいぃぃぃぃぃーーーーー!

 

 

 

こんなにスゴイ岡田くんを引き出してるのが、相手役の西島秀俊さん!

この2人クライマックスでエライ事になってジャンルが変わったのか!?と思うくらい激しいことになって開いた口がふさがりませんでした。

ラストで敵に下すある屈辱的な行為も(岡田くんのアイデアだって)お見事すぎて鼻血出そう。

もっと静かで画面の綺麗な美しい映画で終わると思いきや……いや〜、こういう衝撃は本当に幸せですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です