新作映画『プーと大人になった僕』感想文 〜可愛すぎるテロリスト・プーとその一味〜

昨年の映画界にとって【赤い風船】は『IT イット/それが見えたら終わり』ペニー・ワイズの恐怖の象徴でしたが、今年はその風船をプーさんにバトンタッチ!

本作『プーと大人になった僕』はペニー・ワイズの餌食になるのではなく、夢見心地な世界に僕たち観客を連れて行ってくれます。

子供の頃に100イエーカーの森でプーと仲間たちと出会ったクリストファー・ロビンは彼らと別れ、戦争、就職、結婚、子育てなどを経てお堅い大人へと成長し時間に追われる毎日。(ブラック企業が流行りまくってる日本からすると、まだまだ描写がかわいいと思ってしまうけど)

そんな妻も娘も大事にできてなかったロビンの前に、100イエーカーの森のヤツらが再び現れるのです!

 

 

社会に疲弊した人が観れば会社をやめて風船とハチミツを追いかける人生を送りたいと思うのはもちろんのこと、小さい頃に夢中になってた【何か】と決別したことある人にとってはまた違った深い味がするはず!

(幼少期に観た怪獣映画やSF映画のフィギュアやポスターで囲まれている生活を送ってる筆者からすると、なんだかずいぶん前から100イエーカーの森に一人取り残されていたような気がして恥ずかしい)

何のためにやってるのかわからない仕事に忙殺されるロビンの前に現れたプーは相変わらずのマイペースで彼を翻弄する。

口を開けば「ハチミツ」とボケ老人のようにぼやき、いざ食べたかと思いきや家の中を汚し、棚までぶち壊す!

さらには、仕事を優先するロビンに対し「それは風船より大切?」と投げかけてくるではないか!

彼らは労働社会に警鐘を鳴らすテロリストだ!

「娘が大事なんだ」と話すロビンに彼らは「大切ならなぜ一緒にいないの?」

はっ…!とした顔をするロビン。

こっちがただのぬいぐるみだと思ってナメていると、不意をつく鋭いコメントをかましてくる!

いやいや!わかってないな!大切な人のために働いてるんだよ!とこっちはロビンを応援するつもりが、プーらの目を見るとそんなお堅い理屈はねじ伏せられてしまう澄み切ったな目をしているではないか!

 

 

やめてくれ!かわいい!!!!

ぎゅーーーーってしたい!!!

一緒に寝て!!!

 

 

あれ…?死の世界へ誘うペニー・ワイズも怖かったけど、社会から逸脱させようとするプーたちの誘惑の方が本当は怖いんじゃないか…!?

 

どうしよう…。このままロビンが会社も家族も捨て、ぬいぐるみ軍団と共に社会に反旗をひるがえすようなデモ行進を始めたら…

映画のテーマ的にそこまでいっても面白いんだけれど、そこはさすがディズニー。

プーさんたちと過ごした事が吉と出て、会社にも家族にもちゃ〜んと良い結果をもたらします!

階級社会であるイギリスのピラミッド型の図式を文字通り逆さまにするという秀逸な発想もお見事。

 

みなさん、本作を堪能し幼い頃に夢中になった何かを思い出して浸ってみたらいかがでしょう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です