新作映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』感想文 〜ネタバレ無し!すっかりキャバくなってしまった幼馴染と銀河を大冒険!〜

 

遠い昔、遥か彼方の銀河系で……帝国が設立され、強制的に労働させられる惑星に束縛されていた孤児のソロとキーラだったが、ある出来事によって2に人は離れ離れに。

それから3年後。入隊した帝国アカデミーの上司との関係性がうまくいかず、その場にいた盗賊と合流するハン・ソロは誰にも従わず自分が思う通りに生きる流れ者!まさにアウトロー!銀河の寅さんと化していた!

風の吹くまま気の向くままに生きる車ソロ次郎の願望は1つ!

 

愛しのキーラに再会し、共に旅をすること!

 

 

すると、ひょんなことからキーラと再会!

まじかよ!!!ラッキーすぎる!

話終わりじゃん!

 

 

と思いきや……田舎にいた時とすっかり変わり胸元ぱっくり開いた服をまといキャバくなってしまったキーラ

 

「あら、ソロ。久しぶり。垢抜けないわね」

 

さらには、自分よりも金持ちで小綺麗な犯罪組織のボスの女に……

ソロが昔のノリで接するもキーラはどことなく冷静。

 

「これまでの私を知ったら、もうそんな目で二度と見れなくなるわ…」

 

ドキィィィィッ!

 

そう、この3年でソロは必死こいて愛しのキーラを必死に追っかけていたが、キーラはもう「大人の女」になってしまっていた。

これまでのSTAR WARSシリーズでそれなりのラブロマンスはあったけど、こんなリアルな生々しい恋愛模様は初めてじゃないか…?

別次元の女になってしまったことに気づかずガキ・ソロは懲りずに「俺と一緒に旅に出ようぜ」っとキーラを隙あらば口説く。

 

違うんだよ!!ソロ!!

 

もう君の出る幕は無いんだ!!!キーラは昔と違う!

そんなキーラもソロに対して「あなたと銀河を旅することを考えると○○」と昔から想っていた心情をソロに吐露するんですが…その気持ちは明らかにソロを男として見ているわけではない事がわかる。それでもソロは能天気にニヤニヤが止まらず決め台詞

 

「迎えにいくぜ」

 

違うんだよ!!ソロ!!

もう無理なんだよ!!!

 

高校時代、秘密基地作ったり川でザリガニ獲ったりする日々を送っていたクソ童貞の僕が年上の男性と付き合う、というステータスがかなり上の同級生の女の子に対して抱いていたあの感情…あれと同じだ!

「うわ、エロい…」という思春期ならではの感情と共に「やめてやめて…」と思っていたあの感情!あのズレ!虚無感!

エピソード4では童貞ルークをガキ扱いしてスカしていたハン・ソロにもこんな時代があったのか…!

ソロ!!!

今のおまえルークみたいだぜ!!!

 

 

バカだね〜、まったく…。

 

そう、これは誰もが憧れる【幼馴染との恋】を成就させようとする大人になれないソロによるすれ違いラブストーリーだったのだ!

 

そんな切ない話がベースにありつつ、ファンを唸らせるサービスや超サプライズを程よくまぶし(ファンサシーンでさらっとジョン・ウィリアムズのSWのテーマを流すあたりがしびれる)、ここ数十年間ファンの間で論争が起きていた【ソロの倫理観】についてもラストでしっかりアンサーを出してきてくれている!

このラストはヤクザ映画『県察 対 組織暴力』や『暗黒街の対決』で描かれたような荒くれどもの不器用な友情、生き方を彷彿とさせるジェダイでは描けない熱いアウトローな展開!

ちゃんとハン・ソロならではの、ハン・ソロによるハン・ソロ映画!

ファンが楽しみにしていたフィル・ロード&クリストファー・ミラー監督の降板の衝撃、本土で他のSWシリーズより興収が低かったりと観る前の情報でいろいろのノイズが多い本作ですが、初見の観客でも楽しめる痛快な冒険活劇!ぜひご覧ください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です