読んだら必ず観たくなる

宇宙ステーションで進めていた遺伝子組換え実験のカプセルが地球に落下し、それを飲み込んでしまった3頭の獣が巨大化してシカゴの街を破壊する。

まるで小学生が考えたような(賛美の言葉です)おはなしを大真面目にお金、人、時間をかけて映画化するというハリウッドの一番良いところが存分につまった『ランペイジ 巨獣大乱闘』は朗らかな快作!

主人公のロック様ことドウェイン・ジョンソンは動物保護施設のおじさん。人間が嫌いらしくエッチなお姉さんの誘いも断り、仕事もプライベートも動物とずっとイチャついてる。もちろんロック様なので元特殊部隊という設定でめちゃくちゃ強くて人間相手なら武器いらず。

そんな人を殺せるムツゴロウさんはヘリから墜落しても平気だし、銃で撃たれても平気。巨獣とだって戦えるんだけど人間ていう提だから一応、ビビったり逃げたりはする。彼は密猟者に親を殺された色素欠如の真っ白なゴリラ・ジョージを我が子のように育て、今では手話で会話できるくらいのマイメン。2人のやりとりが仲睦まじく愛おしく思わずニヤけちゃいます……こういう場面は『猿の惑星』新三部作のシーザーを観ている感覚に近くて技術の進歩、職人の皆様に感謝。

そんなジョージがある日、空から降ってきたカプセルの煙を吸ってしまい巨大化凶暴化が止まらなくなってしまった!

かつての愛らしい表情はなくなってしまったジョーイを見つめるムツゴロウさん…。愛すべき人が変わり果てていく姿を見つめる切ない描写はクローネンバーグの『ザ・フライ』やゾンビ映画の「大切な人がゾンビ化していく悲しさ」 我が娘が悪魔に取り憑かれていく『エクソシスト』のそれらと同じ!

つまり、これは獣が巨獣になる話ではなく【獣化してしまった長年連れ添ったパートナーを愛せるのか?取り戻せるのか?】という愛の話だったのだ!!!

この映画が『愛、アムール』のハネケ監督だったらジョージはムツゴロウさんに首の骨をへし折られて即お陀仏だけど、本作はそうはいかない…。

1933年の一番最初の『キングコング』は文明に殺されてゆく悲劇を描き、このフォーマットは同ジャンルのあらゆる作品で繰り返されてきたわけだが、今回はその通例をランペイジらしく咀嚼した愉快なラストになっている。

 

また、この映画の主役はあくまで【巨獣たち】であるという点も気持ちが良い。冒頭で登場した3人のサブキャラは前半で活かせそうなフリもあったし後半で登場するかと思いきや、いつの間にかご退場。周囲で騒いでる刑事だの軍隊だの企業だのはあくまでサブストーリーで全く役に立ちません!

ロック様とジョージ。そして、そこにオオカミとワニが加わった巨獣4頭が話を進めるし終わらせる。人類の入る隙間など1ミリもない巨獣だけが主役の最高なモンスター映画!

そして……ラストはドウェイン・ジョンソンでしか成り立たせることのできないブチ上がりまくる展開が待っている!!!

果たして2人の愛は戻るのか!?頑張れ!ゴリラとムツゴロウ!

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。