新作映画『レディ・ガイ』感想文 〜玉取られた元男殺し屋が仇のタマ取り行くタマ取り合戦〜

金玉取られ強制的に女性になってしまった元男の凄腕殺し屋が、相手のタマ獲るために自分の銃(下の銃はもうない)にタマを込め復讐の道へと進むタマ取り物語。

『君の名は』のようなあまい入れ替わりではなく、本作はマジで性別変わり、しかも元には戻れないという苦しみ。いくらこの映画の粗を探そうとも誰も手を出さなかったこの大胆設定には文句無し。つまり、設定で圧勝しているのが本作。

キンタマとられる殺し屋を演じるはワイスピシリーズ、アバターでお馴染みミシェル・ロドリゲス

なんと男時代も女時代もミシェル・ロドリゲス!!!

「ハマり役」なんていう褒め言葉じゃ収まらない!彼女にしかできない見事なキャスティング。いや、もはや使命を果たした映画。

特殊メイクにより胸筋とちんこを装着し、女性とのベッドシーンもある。

概要を聞くと思わず笑ってしまうが、映画が始まってから、強制的に異性転換手術を受けた主人公を見ていると実はとんでもないヘビーな設定なんだと悟らされる。

「人を殺すこと」こそ漢!「女を抱くこと」こそ漢!であり、腕っ節で世を渡ってきた裏社会の人間が性別を強制的に捻じ曲げられてしまった時の絶望たるや……。命を奪われるよりも屈辱的であり精神的打撃を受ける制裁だ。

この手術を施したシガニー・ウィーヴァー演じるマッド・ドクターの狂いっぷり!これまた素晴らしい。

シガニーは頭はキレるが喧嘩は弱いという設定がどうも入ってこなくて、いつ火炎放射器をぶっ放して皆殺しするか?と最後の最後までヒヤヒヤしましが、うぜぇババアを見事に演じてくれています。

肉体派の主人公とは真逆の彼女が現代社会の男の象徴であるネクタイを常につけて、主人公と対峙することにより、見た目で両者の極端な対立構造を際立たせてくれている。

尋問による回想系式で真相が語られていくミステリアスな構成の効果もあり最後まで目が離せなくなる怪作。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です