映画コラム

何かがあって、監督は人類嫌いになってしまったに違いない。

というか、ここ数年お猿さんが主人公の映画を連続で撮り構成とかいろいろ考えすぎて、もう猿にしか感情移入できなくなっちゃったんじゃないか!?

今回の『猿の惑星:聖戦記』は地球が猿の惑星になるまでを描いたシリーズ第三弾であるわけだが、いい人間がひとっこひとり出てこない!「こいつはいい人なんじゃないか?」って思ってても裏切られるし、どいつもこいつも今まで人類がしてきた過ちを象徴しているような行いばっかりするからどうしようもなく救えない!

綺麗見事にいいやつがいねぇ!

 

猿、最高!!!

人間、滅びろ!!!

 

ラストは笑っちゃうくらい人間は綺麗さっぱりどしゃーん!って。

「いい人類はみんな死んだ」とは猿の惑星旧シリーズ5作目で登場する言葉だが、この時点ですでにいい人間はいない。

唯一、きゅんきゅん来ちゃうのは謎の病気で言葉がしゃべれなくなった美少女・ノヴァ

もう善良な人類はこれくらい純粋な少女だけ。

将来、人類が滅亡して地球を支配した猿たちは本作を観て行け!ウホ!殺れ!ウホ!と熱狂するに違いない!

そう。これはいつの日か訪れる猿時代のために用意された猿のための猿映画であり、永遠に語り継がれる寓話であり、神話だ!

猿時代がきたらこの映画以外残らずすべて焼き払われる。監督のマット・リーヴスはいずれくる時代に備えて永遠に残る作品をこの時点で作ったのだ!未来を見据えて!

どう考えても監督のマット・リーヴスはもう猿であり、ロリコンだってことがこの映画を観てよくわかる。

まぁ、とにかく見事なもので本作を観ている時はこれが猿用映画であることを一切忘れてしまい、熱狂。映画が終わり、場内が明るくなると客席に座る人類を目にし「まだ生きてたのか!」と飛びかかりたい気分になります。

みなさん、お気をつけて。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。