映画コラム

イギリス出身の映画監督エドガー・ライトはハリウッド映画への愛をふんだんにぶち込みながら【大人になりきれない大人たちが危機に直面し立ち向かう映画】をコミカルに描いてきた。

そんなライト監督がいよいよハリウッドの大商業映画を牽引するディズニー傘下となったMCUの新作『アントマン』の脚本、監督に抜擢されたと聞いて喜んだのもつかの間、ライトはどうやら大人たちともめたらしく監督を降板。完成した『アントマン』を観ると、大人になりきれない落ちこぼれた男が主人公だったり、とある編集がライトの『ショーン・オブ・ザ・デッド』と全く同じだったり、全体にコミカルな雰囲気が漂ってたりと…ライトの作家性がちらほら見える作品となっていた。

降ろされたライトは長年、ずっとあたためていた「音楽とカーチェイス」の映画に着手し、最近では珍しい原作なしの完全オリジナル映画をこの度ようやくお披露目し、アメリカでは大ヒット。

『ベイビー・ドライバー』

宣伝でも謳われている通り、カーチェイスのミュージカル映画のような作品である。

主人公のベイビーは幼いころに両親を失った交通事故の後遺症で耳鳴りが止まない。その症状を抑えるためにiPodのイヤホンを常に耳に当て、お気に入りの音楽を聴いている。職業はドライバー。銀行強盗などの犯罪者を無事に帰す逃がし屋専門である。音楽をかけることで、その天才的ドライバーテクニックは発揮される。

映画は彼が耳元で流す音楽に包まれている。

札束を揃える音、銃声、乾杯、相槌、コインランドリーの乾燥機……登場人物の所作と音楽が完全にマッチしていく。もちろんカット割りも音楽に合わせているのだが、ほとんどが1ショット。考えただけで気の遠くなるような複雑な演出の執念に脱帽させられる。

ちなみに、下の動画はエドガー・ライトが2002年に監督したミュージックビデオで、この演出方法が本作の発想の元。この時から音楽とカーチェイスの融合を考えていたという。

本作の冒頭はこのMVと全く同じようなシークエンスでスタートする。

※ちなみにこのMVに旧友ニック・フロストが強盗役で出演している。

 

主人公ベイビーは運転以外でもイヤホンを耳にし音楽を流しながら生活している。先述した通り、もちろん身体的な後遺症である耳鳴りを防ぐためでもあるが、それと同時に彼は外の人間と自分を完全に【遮断】している。これは汚れた仕事はなるべく避けたいと願っている彼の一種の防衛本能であり、仕事場でも寡黙で最低限の事しか話さないし、他人を傷つけることも避けている。

と、同時に本編でも出てくるが音楽を聴き続けるという行為は【現実からの逃避でもある。

彼は日頃の生活音やあらゆる人の発言をテープレコーダーで録音し、家でリミックスして音楽に昇華させテープに録音するというだいぶ変態気質な趣味の持ち主である。日常の現実の音を自分なりの「音楽」に変換する逃避とも言えよう。みずから現実世界を音楽で彩ることでトラウマから自分を遠ざけ、なんとか生きようとしているのだ。

そんな彼のリミックステープの中に「Mom」つまり「母」と書かれているの1本。これは回想シーンから読み取れるのだが、どうやら事故で亡くなった母は歌手だったらしく、このテープにはその母の歌が入っているようだ。

その「Momテープ」を手にし、再生しようとするができない主人公が描写されるし、両親との事故シーンがフラッシュバックする場面もある。

また、彼がなぜドライバーの仕事を選んだのかハッキリとは語られないが、おそらく自分の両親を殺した死の象徴である車を自在に操ることによって死を克服したかったに違いない。

つまり、彼は「両親が死んだ」という事実を避け、音楽で現実世界を彩り、天才的な運転技術によって精神的にも物理的にも「逃避」を図っているのだ。

本作の根本的テーマは冒頭で記した【大人になりきれない大人たちが危機に瀕し立ち向かう映画】という彼の作家性と完全に一致する。

ここで重要なのは【逃避】という行為をライトは否定していないということだ。辛い事が大半のこの人生を彩るカルチャーへの賛歌であり、そもそも映画を観るという行為そのものが【フィクションへの逃避】であるから。

こういったテーマは近年で言えば『ラ・ラ・ランド』や『シング・ストリート』でも同一のテーマを扱っていたと言ってよい。

文化というフィルターを通じて、自分の見たい世界を見て何が悪い。

それがエドガー・ライトの一貫した主張であると同時に、その逃避の限界、その先にあるモノを今回の『ベイビー・ドライバー』で描いてくれている。

外の世界を遮断するベイビーだったがそんな都合のよいことは続かない。ちょっとした綻びからその壁は崩壊していき、自分の愛する人までも危険に晒すことになる。

そして、クライマックスのある場面で主人公の逃避は強制的に終了させられ、ある曲をある方法で身体で聴く事となる。

あれだけ映画内で音楽を流しっぱなしにしていたのに、ラストはそこをあえてやらずにぐるりと反転させる演出力に唸らされるし、主人公がしていたある人物との共同生活を思い浮かんだ瞬間に目頭が熱くなった。

外との遮断のために主人公は物理的に耳で音楽を聴き続けてきたが、ラストは心で音楽を聴く事が出来たのだ。それは長年、地獄が続いた彼のやすらぎへの入り口を意味する。

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。