読んだら必ず観たくなる

木村拓哉演じるツンデレの不死身武士・万次を用心棒として飼いならす杉咲花のやりとりがキュンキュンしてかわゆい本作『無限の住人』

万次は自分の目の前で妹を悪党どもに殺されてしまう。その「罪の意識」を背負ったまま正体不明のババアによって無理矢理、永遠に死ねない「不死身の体」になってしまう。それから50年経って、目の前に現れたのは妹にそっくりな少女・凛。凛の親の仇討ちのために雇われた万次は「日本の剣の流派統一」という野望を果たすために江戸中の道場破りをしまくる剣客集団・逸刀流統首!福士蒼汰くんを倒すために立ち上がる。

640

かつて妹を救えなかった罪悪感(詳しく言えば、妹の旦那さんをある事情により殺してしまったという罪の意識もある)からも瓜二つの凛を守ると心に誓った万次。凛の剣術修行に日々、付き合いながら逸刀流の剣客と戦うバディ・ムービーでもある本作。おそらく、三池崇史監督が配給会社と喧嘩したであろうギリギリのゴア描写を入れたスプラッター系時代劇でもある!

血はじゃんじゃん飛び出すわ、キムタクの腕は飛び散るわ、剣客が崖から落ちたと思いきや血がドパっと飛び出て砕け散ったり(笑ってしまうくらいの飛び散りかた)、ある登場人物は木に串刺しになった状態で手足はちょんぎれ、胴体は真っ二つとなる!イエーーーーイ!三池監督さすが〜!と叫びたくなる愉快な描写の連続。とは言うものの、ちゃんと直接的には描いてないから見やすくしあがっている。(その証拠に本作はPG-12指定で止まっているから安心だ!おそらく三池さんはもっとやりたいはずだけど!)

こんなことを書くと、そんなグロい映画の何がいいのよ!と目くじら立てて嫌がる人が出てきそうだが、本作の「死」の描き方は大正解だと思う。死、痛み、苦痛を既視化することはこの映画の本質とつながってくるからだ。

物語を盛り上げるには主人公に弱点を作ることが重要だ。ウルトラマンは3分しか戦えない。ドラえもんは猫が苦手。寅さんは女に弱くて、インディ・ジョーンズは蛇が苦手だ。この弱点が主人公たちに人間味を与えるだけでなく、「死」という危機感が生まれストーリーをよりスリリングにしてくれる。

だが、本作『無限の住人』の主人公・万次は不死身の主人公。死という恐怖がないために彼に絶体絶命は訪れない。(作品内のある出来事によって絶体絶命は訪れるのだが話の盛り上がり要素でしかないので問題外)

では、万次にとっての弱点何か?矛盾するようだが、それは「死ねない」という無限の苦しみである。

いくら斬られ、刺され、手が取れ、死にたくなるような痛みを感じようとも死ぬことはできない。これ自体が主人公の枷になっている。

つまり、万次以外の人間の死を豪快に描くことは主人公の死ねない宿業との対比となっていくのだ。万次以外の人間は豪快に華々しく死ぬことができる。特に死に方を重要視する武士たちなわけだから、皆潔くカッコ良く死んでいく。その中でも死ねない万次の辛さ。痛み。

クライマックスで300人の屍の中で戦う万次の姿はこの映画を象徴するカットになっている。

万次が抱えるのはそれだけではない。かつて妹を見殺しにし、多くの人間を斬ってきた罪の意識を一生背負っている。それと同時に彼は人を斬ることしか知らない。斬るごとに自分に業は積み重なっていく。この永遠に終わらないサークルをぐるぐるさまよっている。

「無間地獄」という考え方が仏法には存在する。1番辛い地獄であり、文字通り絶え間無く責め苦にあう地獄である。

死にたくなるほどの痛みを感じながらも死ぬことのできなくなった万次はまさにこの無間地獄に生きながら陥ったと言えないだろうか。『無限の住人』というのは無限の命を得た人間と読むこともできるが、無間地獄の住人』と置き換えることもできる。

※実は、原作の冒頭では「罪人には死をもって償え」と主張する偽キリスト信者を万次が斬る場面から始まる。これはもちろんキリスト批判と読み取るわけではなく、宗教が説く死に関する物語だと宣言してるようにも見えるではないか!

とにもかくにも先述したことを踏まえると、この映画は派手に血しぶきをあげたりと大胆に。そして、ある意味美しく死を描く必要があった。飛び散る血しぶきを浴びながら、それでも万次は生きていかねばならないのだ。

o0480067213887210272

 

思わず長くなってしまったけど、もう少しお付き合い願いたい。

本作を観た人間から「時代考証」云々と言い出す輩がいそう!

「あの時代に…」と頭に付け加えて、「あんな武器はあの時代に存在しない」「言葉遣いがおかしい」「あんな服は存在しない」とお堅いことを言ってくる人がいるが、それは関係ない!

時代劇はフィクションだ!実際にあった時代だが、映像なんてもちろんなく、資料も少ない。だからこそ自由に描ける最高の土台である。

時代劇研究家の春日太一氏は著書『なぜ時代劇は滅びるのか』(新潮新書)の中で

『時代劇とは「史実とはこうだった」を伝える「歴史的事実の再現」ではない。「こんな人がいたら面白い」「こんなことが起きたら面白い」を描く《創作されたファンタジーである》』

と述べている。

まさにその通りで。本作『無限の住人』では、どこに隠してたんだよ!とつっこみたくなる形もおかしい大量の武器を万次が持っている。(あまりの武器の多さに走ってる途中に落とすというギャグもある)てか、あらゆ登場人物が原作に忠実な個性的な武器を持っていて楽しい!さらに、栗山千明は美しい金髪だし、戸田恵梨香はチャイナドレスみたいな足モロ見えの着物を着てる!(この2人の生足が美しいんだから文句は言わせないよ!)

news_header_mugen_201701_03 20161118-mugennojunin

 

さらに、時代考証は関係ないけど、主人公の万次の着物の背中には「万」と書かれている!(←クソダサい!のびのび太が背中に「の」って書いてあるシャツ着てるようなもんだよ!)

こういったようにずいぶんポップな作りが目立っていて楽しい。そもそも「不死身の体」という設定がSFチックなのだから文句は言わせない!

こんな楽しい作りではありつつも冒頭のモノクロでの大立ち回りは『椿三十郎』『13人の刺客』などの名作時代劇を彷彿とさせる1対数十名という構図での大殺陣だし、そこで腕と右目を奪われていくのはまるで片腕片目のヒーロー『丹下左膳』に斬られながら成っていくかのようで三池崇史監督なりの「時代劇復興」の愛を感じる素晴らしい殺陣シーン!

9696080 9924466a

もちろんラストの300人斬りも圧巻で、福士蒼汰くんの手足リーチの長い殺陣も見事だけれど、木村拓哉の腰を落とした力強い剣さばきはお見事!さすが!

 

「時代劇」というジャンルは実際にあった時代だが不確かなものが多いというファンタジーでありながらも、信念・忠誠心・正義感といった現代劇では描きにくい根本的なメッセージをストレートに描写することができる最高のジャンル!

だらだらと述べてきたが、『無限の住人』は「死ねない」主人公を通じて、生きること死ぬことの意味を我々に問う時代劇なのだ。

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。