新作映画『サバイバルファミリー』感想文 〜ゾンビよりもゴジラよりも停電が一番怖い!〜

『サバイバルファミリー』

「ウォーターボーイズ」「ハッピーフライト」の矢口史靖監督が、原因不明の電気消滅によって廃墟寸前となった東京から脱出した一家の奮闘をコミカルに描いたサバイバルドラマ。東京で暮らすごく平凡な一家、鈴木家。当たり前のように電化製品に囲まれた生活を送っていたある日、電気を必要とするあらゆるものがなぜか使えなくなり、東京は大混乱に陥ってしまう。交通機関や電話、ガス、水道まで完全にストップした生活に人々が困り果てる中、鈴木家の亭主関白な父・義之は、家族を連れて東京を脱出することを決意するが……。ベテラン俳優の小日向文世が父親役で主演を務め、母親役を深津絵里、息子役を「秘密 THE TOP SECRET」の泉澤祐希、娘役を「くちびるに歌を」の葵わかながそれぞれ演じる。(映画.com)

 

もしも東京で大停電が起きたら!?

640

 

昨年の日本映画界において、この「もしも」という書き出しの傑作が2本ありました。

 

「もしも」この日本でゾンビの感染パニックが起きたら‼︎?を描いた『アイアムアヒーロー』

「もしも」ゴジラが日本に上陸したら‼︎?を描いた『シン・ゴジラ』

 

どちらの作品もその状況を本格的にシュミレーションし、リアリズムに徹し抜いた傑作でした。

もちろん、ゾンビも怪獣もその存在はフィクションではりますが、この存在以外のリアリズムを徹底することで、観客は面白みに加えて「恐怖」を感じてより一層スリリングな体験をすることができます。

本作『サバイバルファミリー』も「もしも」を追求したシュミレーションとしての傑作!

上記で挙げた2本の映画において人間が遭遇する脅威はあくまで「フィクション」でした。ゾンビもゴジラも架空の脅威。しかし、本作の脅威は「大停電」というリアル。震災直後の機能しなくなった都市を体感した我々にとってはよりリアルなわけです。

ド派手なシーンはありません。ある日、電化製品が全て使えなくなり、生きるために鹿児島を目指すロードムービーです。外側だけ見ても地味な映画だし、中身を見ても一番のアクションは豚と戦うところくらい。静かに死が歩み寄ってくる……。

640-2

 

つまり…ゾンビに襲われるよりも

20160304-iamahero

ゴジラに踏みつぶされるよりも

640

当たり前のものが消える大停電の方が怖いのです!!

20161219-survivalfamily10

 

映画冒頭から大都会がドーンと映り、家庭の生活音、ヘッドホン、スマホ。会社で鳴り響く電話などなど。僕らが日常で感じる「生活音」のオンパレード。しかし、翌朝になると全く音がしない。電化製品が全部使えないわけですから。音楽を入れない演出も相まって、この「音がない」ことがもうまず怖い。

主人公の小日向パパも事態を楽観的に捉えているわけですが、隣人の様子や会社の同僚の様子を見て不安に襲われそうはいかなくなってくる。やがて、深津ママの実家である鹿児島へ向かおうとなるわけですが、その道中で出会う人々の挙動も怖い。犯罪や暴動が起きるわけではなく、当たり前のことを奪われた人間がゆっくりと生を奪われていく様子が静かで怖い。直接的に死は描かない。じわじわじわじわ…と蝕まれていくんです。

タッチはコメディで笑えるところたくさんあるんですけど、映画全体に漂うのは死の空気感。サバイバルに一番向いていない鈴木一家が主人公ですから、「俺についてくれば大丈夫だ!」とかイキがってる小日向パパがヘマをしまくってるのを見てると…「あ。この家族やばい。いつ死んでもおかしくない」と不安にさせるんです。それでもふんわりとした雰囲気を維持できてるのは深津ママのおかげだとも思います。

だから、ゲラゲラ笑いつつもずーーーっと不安。

わ…簡単なことで死んじゃうよ、この家族…!いつどうなってもおかしくないよ…!って祈るような気持ちで画面に釘付けになってしまいます。

 

また、この状況を再現するために東名高速を封鎖しての撮影がお見事です!どうやらいろんなタイミングが重なって撮影が可能になったらしく、今後は無理だと監督が断言している奇跡のロケーションでございます。ここがCGだったら、シュミレートの再現の甘さとして露呈してしまうので、映画全体のクオリティに関わったと思います。

sabaibaru

 

本作は、安易な文明批判的な映画でもありません。「人間は文明に頼りすぎていて、それによって神様から天罰が下ったのだ!」みたいな説教の籠った映画だったら不快ですけど、そんなことありません。この映画で一番、スカッとくる気持ちいいシーンが家族の危機を助けてくれる場面なんですが、あそこは文明の結晶ですよね。あそこエモーションあげあげですよね。うぉおおお!きたああああ!すげぇえええ!っていう。

電気が使えなくなったらどうなるか?という監督の好奇心から生まれた映画であって、停電を通じて家族は「生の喜び」を実感する。つまり、家族の成長を描いた作品に仕上がっています。

 

筆者が観たタイミングが遅かったので、もう公開館数が限られてきていますが、是非駆け込んでください!

ただ、監督の過去作とは全く違った異質な映画なので、シンクロとかジャズとかそういう楽しさを求めないように……。

640-3

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です