新作映画『ラ・ラ・ランド』感想文 〜オープニングでイッて、ラストで涙腺崩壊します〜

友達と観に行く約束をしていたのですが、いてもたってもいられず1人で観に行ってしまった!!

ごめん!!!みんな!!!

でも……

でも………!!!

 

1人で行って良かった!!!

 

なぜなら、初っ端からイッてしまい、エンディングでは鼻水出るくらいに涙腺崩壊してしまったから!!

あんな状態、誰にも見せれないよぉぉぉ!

 

これからこの名作について書き殴りますけど、筆者は全く予告編もあらすじも予習せずに観ずに行ったから、できればここでこのページを閉じて劇場に行ってくださいよ!!!読むなよ!!!

 

『ラ・ラ・ランド』

【解説とあらすじ】(映画.com)

「セッション」で一躍注目を集めたデイミアン・チャゼル監督が、ライアン・ゴズリング&エマ・ストーン主演で描いたミュージカル映画。売れない女優とジャズピアニストの恋を、往年の名作ミュージカル映画を彷彿させるゴージャスでロマンチックな歌とダンスで描く。オーディションに落ちて意気消沈していた女優志望のミアは、ピアノの音色に誘われて入ったジャズバーで、ピアニストのセバスチャンと最悪な出会いをする。そして後日、ミアは、あるパーティ会場のプールサイドで不機嫌そうに80年代ポップスを演奏するセバスチャンと再会。初めての会話でぶつかりあう2人だったが、互いの才能と夢に惹かれ合ううちに恋に落ちていく。「セッション」でアカデミー助演男優賞を受賞したJ・K・シモンズも出演。第73回ベネチア国際映画祭でエマ・ストーンが最優秀女優賞、第74回ゴールデングローブ賞では作品賞(ミュージカル/コメディ部門)ほか同賞の映画部門で史上最多の7部門を制した。第89回アカデミー賞では史上最多タイとなる14ノミネートを受け、チェゼル監督が史上最年少で監督賞を受賞したほか、エマ・ストーンの主演女優賞など計6部門でオスカー像を獲得した。

 

 

640

何度も言うけど、まず、オープニングでイキます!!

原題『La La Land』のLaはロサンゼルスのこと。ハリウッド目指して夢を目指す若者たちが住む街…それが『ラ・ラ・ランド』

そこにはハリウッドドリームがある分、挫折や苦労が溢れかえっているわけです。この世界の住人達が主人公。

冒頭、LAではお馴染みの渋滞。少しも動かない車の中で人々はそれぞれの夢と「音」を奏でています。そこに曲が流れ始め、みなが歌い出す。この映画のオープニング!実際にLAの道路を封鎖して撮影したこのシーンがまず圧巻!個性あふれるエキストラとデジタル処理のないマジの長回し撮影!

 

うわぁぁあ〜…楽しいっっっ!

 

はい。

 

まず我慢できない。イキますね。

 

同じミュージカル映画で言えば『サウンド・オブ・ミュージック』のオープニングも空撮からグーーーッと近寄ってって、大草原でジュリー・アンドリュースが歌ってるっていう気持ちイイ名シーンが印象的。

002

このつかみって大事。

『ラ・ラ・ランド』に関しては画的な感動はもちろん。いろんな人たちがそれぞれが夢に向かってこのラ・ラ・ランドで頑張ってるんだな〜…と思ったら、そりゃ泣きますよっ!!

 

本作は長回し撮影がすんごい多い。あんまりカット割ってないんです。長回し映画って多いですが、本作に関してはこの撮影方法がこのジャンルにすげぇ合ってると思います。「ミュージカル」と聞くとちょっと苦手だって人多いと思います。舞台のお芝居よりもリアリティが重要になる映画にとって「突然、歌い出す」って不自然な現象だし、歌ってる間ってストーリーの展開が止まりますよね。感情表現に3、4分かけてその感情を歌うわけですから。普通の映画の時間の進み方なら「パーティー行く?」「行かない」で終わる会話を音楽で表現する。

そういったノイズをなくす方法として長回し撮影はかなりの効果を上げていると感じました。要するに突然始まった感がないんですね。地続き。また、ただカットを切らないのではなく、浮いて上から見下ろしたり、すごいスピードで左右に振ったりとアクティブなカメラワークを用いて観客を飽きさせません。映画ならではのミュージカルを確立させていると思います。

筆者がひねくれすぎてるのか、ミュージカル映画で歌い始めや途中でカットが変わると「いったん止めて歌詞の途中から歌ってるのか…」とか思っちゃう。複数のカメラで撮影してたとしても「ああ、何台かカメラがあってこの歌詞の時に目線を送ってるのか」とかなんか裏が見えちゃう。ミュージカルの原点はやはり生のお芝居なんで、観客が観れる視点は1つに絞ったほうがいいんだと思います。監督はそう思っての撮影方法だったんじゃないかと…。まぁ、ぼくもこの理論は『ラ・ラ・ランド』を観てそう思ったんですけど…。笑

でも、それが評価されて今回アカデミーの撮影賞を獲ってますからね!??

 

とにかく、この手のジャンルに抵抗がある人。食わず嫌いしている人……

大丈夫だから!!!

 

まぁ、こんな理論的な話はどうでもいいっすよ。とにかく問答無用で愛おしい。まず、もちろんだけど音楽!筆者はね、映画観終わってからずっとサントラ聴いて鳥肌たってますよ。もう完全に中毒。周りのみんなが踊りだすんじゃないかってウキウキしてるよ!歩くのが楽しくなる。こりゃアカデミー主題歌賞とるよね。

 

さらに、キャスト!

今回、アカデミー賞を勝ち取ったエマ・ストーン

640-1

はっきり言いますけど、エマはね、王道の美人すぎないところが可愛いんですよ!

本編見れぱわかるけど、表情豊かで踊ってる時すんげー変顔してんの。この役を美人なだけで感性鈍く表現力ない女優がやってみ???ゼッテーひどいよ。エマだから、オーディションに落ちまくるっていう設定に説得力が出る。

c7f013

ステップ踏むところは背の小ささと持ち前の変がのおかげで超キュート❤️

 

対するジャズピアニストのライアン・ゴズリング

640-2

エマと違って、無表情な方。普段、冷静な顔が怒ったり喜んだりする時にカッと顔が変わるところ…かわゆい❤️

特に映画内で3度見せるライアンのびっくりリアクション…超キュート❤️

s002fig1

そして、監督の前作にあたる『セッション』のファッキン テンポ!!!!」でお馴染みのJ.Kシモンズ。笑っちゃったんだけど、『セッション』の時と同じ役だよね?笑 手招きの仕方とか。「クビだ!」とか。でもね、でもね、このフリが効いて…あるところで……うーーーーーん!!あそこ超キュート❤️

 

でね、こんなん書いてますけど、辛い現実もちゃんと描いてます。

夢見ることの辛さもすんごい伝わるんです。まず、主人公がオーディション落ちまくりの売れない女優で、ある望みでさえも…って。これさこれさ誰もが「これ俺の映画じゃん!!」って思うわけですよ。誰もがある夢への希望と挫折……。そこをしっかりやってる。

夢は叶えてもある部分でどうしてもうまくはいかないと…。そう思わせといて、クライマックスでフィクションで現実を塗り替えていく最高の展開が待ち受けています!ぶわあああああっと盛り上げて。ラストではしっかりシュン…と。ココ!!!とんでもなく切ない。けど、人生だよ!これ!って。辛い現実を音楽で彩る人間の本能です。

もうここは涙止まりませんでした。ああ!ここも!ここも!そうだよね!こうだったらね…!!!って。

 

もう、こんな楽しくて、可愛くて、切なくて、とにかく気持ちイイ映画久々に観ましたよ!!!

観てない人が羨ましい!!!

 

だめだ!もっかい映画館行ってきます!!!

3/3公開!新作韓国映画『お嬢さん』感想文 〜日本人なら必ず笑ってしまう箇所満載の復讐劇〜

『お嬢さん』

【解説とあらすじ】(映画.com)

「オールド・ボーイ」のパク・チャヌク監督が、イギリスの人気ミステリー作家サラ・ウォーターズの小説「荊の城」を原案に、物語の舞台を日本統治下の韓国に置きかえて描いたサスペンスドラマ。1930年代、日本統治下の韓国。スラム街で詐欺グループに育てられた少女スッキは、藤原伯爵と呼ばれる詐欺師から、ある計画を持ちかけられる。それは、莫大な財産の相続権を持つ令嬢・秀子を誘惑して結婚した後、精神病院に入れて財産を奪い取ろうというものだった。計画に加担することにしたスッキは、人里離れた土地に建つ屋敷で、日本文化に傾倒した支配的な叔父の上月と暮らす秀子のもとで、珠子という名のメイドとして働きはじめる。しかし、献身的なスッキに秀子が少しずつ心を開くようになり、スッキもまた、だます相手のはずの秀子に心惹かれていき……。秀子役を「泣く男」のキム・ミニが務め、スッキ役は無名の新人女優キム・テリをオーディションで抜擢。伯爵役は「チェイサー」のハ・ジョンウ、秀子の叔父・上月役は「最後まで行く」のチョ・ジヌンがそれぞれ演じた。

 

「つまらない」と感じることはそれが見慣れない物だからというケースがよくあると思ってます。「観たことある」設定、シーン、セリフの集合体は既視感があるので安心できて観やすい。簡単に面白いと感じやすいんだと。だから、真新しい1つの爆発的なヒット作品が出ると、それに似ているものが乱発されたりする。流行り物ってそういうもんだったりしますよね。

映画好きな人が推す映画と普段観ない人が好む映画は違うとよく言われます。これはある意味では合っていて、映画の表現をたくさん観てる人は演出ややり方のあらゆるパターンを知ってしまっているから、並大抵のことでは驚けなくなってるっていう事だと思ってます。

つまり、「つまらない」と感じるのは、「新しい事をやっている」という場合もあると思うんです。

韓国映画はその例の1つ。

喰わず嫌いで観ない人も多いかと思うんですが、新しい面白さを発見してびっくりすると思います。政府が映画資金を提供しているという国としての力の入り方も日本と比べ物にならないですが、韓国映画はハリウッド的予算大きめの演出もしつつ、韓国独自の演出も目立ちます。

なにが言いたいかというと、観るハードルは高いし観ても理解できない部分は多いかもしれないけど、韓国映画は既視感の薄い新しいものを観せてくれる事が多いということです。

640-1

筆者も高校時代にポン・ジュノの韓国映画『母なる証明』を観て衝撃を受けました。今までの邦画でも洋画でも感じた事ないショックをラストでもろに顔面ストレートで食らったのです!なんというか、すんごい独特の異様さがある。なにこれ!?と驚く仕掛けが多い。

そんな韓国映画ブームの火付け役とも言っていい『オールド・ボーイ』の監督であるパク・チャヌクがこの度、新作『お嬢さん』を引っさげて日本に来日!わたくし試写会に行ってまいりました。

 

640

本作は先ほと記した「既視感の薄い新しいもの」の連発。予告編のトップになっている本棚の間を勢い良く通り抜けるカメラワークと美術セット…。この時点で「おお。なんかスゲェ…」と観たことのない歓喜が舞い降りますよね!ワクワクする!本編にもそれはゴロゴロころがっています。パク監督が力を込めた世界一台詞の多いベッドシーン。官能小説を朗読する異常な集会。ギロチンを使った拷問シーン。そして、日本語の連発…

本編上映前のあいさつでパク監督は「映画内で韓国人俳優によるつたない日本語がいくつも登場するので、日本の舞台挨拶はこわくて抵抗があった」と。失笑を買うんじゃないかと不安だったようです。また「笑える作りになってるんで、笑ってほしい」とコメントを残しました。

実際の本編は……

 

大いに笑えます!!!

 

これ韓国で大ヒットしてるので、向こうの人は理解してるだろうけど、日本人からすると倍笑える内容に。それは決して「変な日本語だな〜」とバカにしちゃう失笑ではなく、もっとストレートなユーモア。たぶんですけど、パク監督は日本語でこれを言わせたら面白いとわかってるんだと。そうとしか思えないんです。具体的にどんな内容なのかは観てのお楽しみ。また、韓国から観た日本のエロはこう見られているのか…と勉強にもなります。今までのパク作品でこんなに声に出して笑ったのは初めて。ストーリーもどエロいNHK朝の連続ドラマみたいになっている。奉公しに行った家での青春、三角関係や若さゆえのドタバタコメディ。ただもちろん内容はどぎつく、R-18指定ですが…。

640-2

なんだか、こう書いてると予告編と違うじゃんって思うんですけど、そうなんです。予告編と全然違う作品です。

パク監督の十八番である復讐劇ではあるんですが、監督にしては珍しくラストは歪な爽快感が残る大傑作に仕上がっています!

 

ぜひ劇場で。

新作映画『キセキ ーあの日のソビトー』 感想文 〜GreeeeN結成秘話であり、兄弟の夢への「軌跡」の映画〜

あした今日よりも好きになれる〜 溢れる想いが止まらな〜い い〜まもこ〜んなに好きでいるのに〜 言葉にできな〜い♪

これ聴いちゃったら、ルーキーズの明日にときめけーーー!夢になんたらかんたら〜って叫ぶ佐藤隆太さんが浮かんで、ああ!って。もう聴いたりカラオケで歌うのが恥ずかしくなるくらい、耳に染み付いちゃって離れない!そんな『キセキ』を歌うみんな大好きGreeeeN!

mig

彼らの結成秘話が映画になりました!4人組なんですけど、全員が歯医者さんで親に反対されてたとかもあって、顔出ししてないでメジャーデビュー。だから、みんなが通う歯医者さんはもしかしたら、そのうちの1人かも…っていうそんなロマンときめく歌手グループな訳です。

歯医者と歌手の二重生活。まるで素顔を隠すアメコミヒーロー(映画の終盤で本当にアメコミヒーローじゃん!って思ってしまう展開あります)のような彼らの曲は知っての通りどれもヒット飛ばしてまして、代表曲となる『キセキ』はあんまり音楽聴かない筆者でさえも歌えるくらいですから、かなり有名なわけです。ぼくは歯医者である事、素顔を出してないことくらいしか知らなかったんですけど、この映画で「え!そうなの!?」っていう事実がたくさん。そんなことを踏まえながら書きなぐっていきます。

mainresize

 

この映画の主人公でありGreeeeNのメインボーカルであるヒデには兄貴ジンが。ロックバンドをやってまして、メジャーデビューするんですけど、この二人の父親が鬼厳しい。「歌手になります」と宣言するジンに対して、外科医で厳格な父はジンをボコボコに殴った上で居間にある日本刀を取り出し「成敗してやる!」と斬りかかる。このシーン、極端すぎて笑っちゃったんですけど、事実かどうかは別としてそれくらい厳しい。

「お前のやっている音楽は遊びだ」と父から吐き捨てられるも、家を出て歌手に。なんとかデビューするわけなんですが、偉いプロデューサーからジンのバントの作った曲に対して苦言を呈されます。

「メジャーなんだからさ、もっとポップに曲作りしてよ。」

最初は飲み込むメンバーですが、自分たちがやりたいことと違う!と次第に我慢できなくなる中で、プロデューサーにこんなことを言われます。

 

「子供の遊びじゃないんだから」

 

この遊びという言葉が親父から言われた言葉と重なり、ジンはプロデューサーに殴りかかってしまう。

売れる音楽と自分たちのやりたい音楽は違う。このギャップが辛い。何が正しいのかもわからなくなる。

結局、バンドは解散。映画が始まってすぐに兄ジンの夢は始まり、即終わりを迎えます。

そんな兄貴と父親を持つ主人公ヒデは歯科大学へ。音楽がやりたいとは思いつつもこんな状況下で言えるわけがないですよね。だけど、歌いたい衝動が抑えきれずにグリーン・ボーイズを結成し、作詞作曲を。この曲のアレンジを兄ジンに頼むわけです。

「おい、おれプロだぞ?」

自分がうまくいってないのに、意地はって突っぱねるジンでしたが、ヒデから受け取ったMDを聴き、一度、断ったもののアレンジをすることに。これがデビュー曲『声』になるわけです。

 

バンドを解散し、プロデューサーとも気まずいジンは頭を下げに事務所へ。

 

「曲を聴いてください!」

 

「もう君らの曲は聴かないよ」あしらうプロデューサー。

ジンは手元に置いてあった自分たちのCDをどかし、その下にあったグリーン・ボーイズのCDを差し出します。

 

「聴いてほしいのは弟の曲なんです!」

 

 

このシーン!!!

運命の分かれ道。

 

この後、グリーン・ボーイズはジンのおかげでメジャーデビューをしまして、一流アーティストの階段を一気に駆け上がる。その間の作曲をジンはずっとやっているわけです。

自分の夢を終わらせ、弟に託した兄ジンの気持ちを察したら、胸が締め付けられる。兄貴の置かれてる状況を知らないヒデは、学業との両立ができないことを理由にグループを解散すると言い出します。

「世の中にはやりたくてもやれないやつらがいるんだぞ!」

全力で止めるジン。

 

そうだよな!!ジン!!!悔しいよな!!!!

 

そう。GreeeeNの裏にはジンという縁の下の力持ちがいたのです。兄弟愛!

このジンの深い愛を感じると、ぐうううううっと涙を抑えきれませんでした!

 

この映画って、98%の人がジンに感情移入すると思うんです。やりたいことがそのまま職業になっていく人って少ないわけだし、叶っとしても相当な下積みをしてたりするわけです。だから、GreeeeNはとんでもない才能の持ち主。だから、最初、観る前は「キセキとか言ってるけど、ただ天才が一気に駆け上ったサクセスストーリなんでしょ??」ってナメてたんですけど、違ったんです。

これは夢を諦めた兄貴がいさぎよく弟に舞台を譲るという兄弟愛の映画なんです!

奇跡ではなく、兄弟の「軌跡」の映画なんですよ!!

 

ただ、ちょっとダサい場面は多々あります。主人公が走る場面が急にスローモーションになったりするんです。今時、そんなTHE 青春!みたいな演出するか〜?って。あと、ストーリー的にも医者の父がGreeeeNをみとめるきっかけとなる伏線は見え見えだったり。終盤では「キセキ」が流れながら臭いセリフ言われちゃったらもう赤面レベルです。

映画内で言われているとおり、彼らの歌詞はストレートすぎるわけで、歌ならそれが良さなんですけど、映画までそのド直球でこられると、ちょっとしんどい。

けどね、いいじゃないか!!そんなこと言うんじゃないよ!!と細かいことはどうでもよくなるくらいの愛おしい映画でした。

 

あと、余談ですけど、忽那汐里ちゃん超可愛かったです。ベスト忽那!!!

c2

 

 

最後に。兄弟愛でも共通している昨年の音楽映画の傑作『シング・ストリート 未来へのうた』のエンドロールにはこうあります。

 

「世界中の兄弟たちへ贈る」

 

まさに本作も世界中の兄弟たちに観てほしい映画です。

gce_jpod