『シング・ストリート 未来へのうた』 〜「辛い現実」と音楽という名の「幻想」の美しいセッション〜

『シング・ストリート 未来へのうた』

解説とあらすじ(映画.com)

「はじまりのうた」「ONCE ダブリンの街角で」のジョン・カーニー監督の半自伝的作品で、好きな女の子を振り向かせるためにバンドを組んだ少年の恋と友情を、1980年代ブリティッシュサウンドに乗せて描いた青春ドラマ。大不況にあえぐ85年のアイルランド、ダブリン。14歳の少年コナーは、父親が失業したために荒れた公立校に転校させられてしまう。さらに家では両親のケンカが絶えず、家庭は崩壊の危機に陥っていた。最悪な日々を送るコナーにとって唯一の楽しみは、音楽マニアの兄と一緒に隣国ロンドンのミュージックビデオをテレビで見ること。そんなある日、街で見かけた少女ラフィナの大人びた魅力に心を奪われたコナーは、自分のバンドのPVに出演しないかとラフィナを誘ってしまう。慌ててバンドを結成したコナーは、ロンドンの音楽シーンを驚かせるPVを作るべく猛特訓を開始するが……。

 

あっぶね〜!これ映画館で鑑賞してたら涙腺爆発してました。だって、実家のリビングで、母親のイビキをかすかに聴きながら観たんですがそれでも泣いてしまったんですもん。

何がそんなによかったか。書きなぐります。

 

①「辛い現実」から発露した主人公の音楽 

辛すぎる現実に負けないために主人公コナーはバンドに没頭します。彼にとって「音楽」は現実に対抗する手段でもあるのですが、それと同時に「辛い現実」がなければ生まれなかったものでもあります。なので、コナーが書き出す歌詞が現実とリンクしている。灰色に見える世界でも彼らの音楽が彩りをもたらしてくれているわけです!だからこそ、彼らの音楽が流れるシーンは映画内で一番最高に上がりまくり↑↑↑ 

現実に負けないよう力強く必死に生きるコナーたちの音楽に心ビンビン。

そうだよな!!!辛くてもこうやって生きていくんだもんな!!!と心に沁みます。もうこの時点でお涙止まりません。

 

この映画は「辛い現実」とそこから発露した音楽という「幻想」が最高に美しいセッションになってるんです!

3919c6901f6f613384b57ead120b07cd

②青春の足掻き 

コナーには一目惚れしたラフィナがいました。1つ上だし、彼氏はいるし…なかなか手に届かない…そんな彼女のために、曲を作り続けます。ていうか、もう彼女の歌ばかり…!この一見、みっともない足掻き……多くの人が…多くの男どもが共感するのではないでしょうか!?好きな子のためにバンドをやる。映画を撮る。お笑いをやる。スポーツを頑張る。これでしょ!!青春って!!

コナーが最初に歌詞を書くときに「ミステリアスな女性ほど美しく、本質を知るとそうでもない」みたいなことを言ってますが、一目惚れした相手って全然、情報がないせいもあってミステリアスに見えますよね。その分、想像も膨らんでしまう。好きな人は誰なんだろう?とか自分をどう思ってるんだろう?とか。で、実際に本人のことを知るとそうでもなくあっけない。登場から化粧や服もバッチリ決まってるラフィナですが、後半のある箇所で素顔が見えるんです。ここで、弱いところも含めた彼女の本当の姿があらわになる。ここで主人公のコナーはちゃんとガッカリしてるんですよね。憤ってる。恋による魔法とその先もしっかり描いてくれていますよね。

だから、昔からモテモテでチヤホヤされてたような人は「青春だな〜」で終わってしまう映画かも。でも、自分と重ね合わせてしまう方はもちろん僕も含めて泣いちゃうよ!!

15SINGSTREET-facebookJumbo

③『バック・トゥ・ザ・フューチャー』からの引用と独自の解釈

本作にはみんな大好き『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(以下、BTTF)が出てきます。主人公のコナーはこのアメリカ生まれのBTTFクライマックスである学校でのプロムシーンに憧れて、MVを撮影するんです。ただ、その撮影間近で親は離婚決定。兄貴は一番辛い状況。ラフィナはロンドンへ出発!という1番辛いことが立て続けに起きてる。そんな状況下で歌った曲のMVが映画内で1番「幻想」によってカバーされてるわけです!こうなったらいいな!ああなったらいいな!って。一番辛い時だからこそ彼の願望の実現がすべて音楽にぶつけられる。炸裂する。衣装も観客もドリンクも…ぜーんぶコナーが頭の中で作り上げた映画内で1番完璧なミュージックビデオなんです!!!こりゃ一番あがるシーンでしょ!そして、涙腺崩壊でしょ!しかも、このシーンのコナーのイメージがBTTFがベースになってるわけです!!!その時の曲がこちら!プロムのシーンもちょいちょい挟まれてるので、ぜひ。

 

さらに言うと、彼らが通う学校とBTTFの学校って状況がほぼ同じなんです。意地悪な先生がいたり、いじめっ子のビフ的な存在がいたり。

この校長に対してもコナーたちは「音楽」という武器でラスト最高に痛快なロックなことをしてくれるんですが、重要なのはBTTFで言ういじめっ子ビフの役回りをしている相手をラストでどう扱うか……ここがキーだと思います。オマージュ元のBTTFをただ出すだけでなくて、独自の解釈をして再提示してくれている。これが本当のオマージュっすよね。

81-sCwnGBEL._SL1500_

兄貴がメンターとして泣かせるいい味出しながら、ラストシーンは泣かせてくれるし、友人の楽器スペシャリストのお母さんのクッキーを持ってくるタイミングが最高だったり、シャイな妹が踊りに参加するシーンだったり、仲間集めのシーンんとか、とにかくたくさんいいシーンのつまった映画!

1つ言うなら、バンドメンバーの描きこみをもう1歩してほしかったな〜とは思いましたけども、恋という1本に絞ったことで物語も簡潔でわかりやすい!!ていうか、そんな文句は言わない!こんだけいいところたくさんあるんだからさ!!!他の人の意見で、「結局、主人公の音楽は女を落とすためでしかないじゃないか」っていうディスりがあったんですけどさ…それでいいだろ!!!てか、そういもんだろ!!!かっこつけるな!!! そう筆者は思いました。

 

1分で読める映画感想文 新作映画『ザ・コンサルタント』 〜テーマとジャンルの噛み合わせが何とも…〜

普通だと思ってた男が実は殺人マシーンでした!!!

こんな映画が流行ってますね〜。リーアム兄さんの『96時間』トム・クルーズの『アウトロー』シリーズ。デンゼル・ワシントン『イコライザー』キアヌ・リーヴス『ジョン・ウィック』などなど。それもシリーズ化される破竹の勢い!どの主人公も冷静沈着に相手を颯爽と殺害していく。まるでスティーヴン・セガールがいろんな役者に憑依してるかのようですね!

本作『ザ・コンサルタント』もそこに分類される作品にあたるでしょう。まずは、予告編と感嘆なあらすじを。

 

【解説とあらすじ】

「アルゴ」のベン・アフレックが、凄腕の殺し屋の顔を持つ謎の会計士を演じたサスペンスアクション。田舎町のしがない会計士クリスチャン・ウルフには、世界中の危険人物の裏帳簿を仕切り、年収10億円を稼ぎ出す命中率100%のスナイパーというもう一つの顔があった。そんなウルフにある日、大企業からの財務調査の依頼が舞い込んだ。ウルフは重大な不正を見つけるが、その依頼はなぜか一方的に打ち切られ、その日からウルフは何者かに命を狙われるようになる。アフレックが主人公ウルフを演じるほか、「マイレージ、マイライフ」のアナ・ケンドリック、「セッション」のJ・K・シモンズらが出演。監督は「ウォーリアー」「ジェーン」などを手がけたギャビン・オコナー。(映画.comより)

 

 

これはですね「普通だと思ってた相手が殺人マシーン」映画ではあったんですが、これがなんとも歪な形をした映画なんですね。

主人公が自閉症という設定。これがただの設定だけで終わらずにガッツリ深く掘り下げて描かれています。主人公が幼い時に入る児童施設の職員の方の考えも劇中で語られます。「自閉症を病気だと決めつけない。我々が彼らの声を聞く力がないのかもしれない。人と違っているだけだ」とこういった考えです。もうこれは現代社会に向けてのメッセージと言えるでしょう。

ただ、筆者はこういった問題テーマを冒頭から突きつけられ、単純なアクション映画としては観れ無くなってしまいました。

自閉症を病気として捉えない。特別な存在なのかもしれない。この考えはわかります。でも、その自閉症の主人公が相手どうあれ片っ端から殺していく姿を見るのはなんとも言えない気持ちに……映画という表現でそんな疑問をぶつけるのは野暮かもしれませんが、普通の人にはない才能というのが「殺人」だったというふうに見えてきてしまうのです。もちろん自閉症と殺人を直接結びつけているような描き方はしていません。主人公の父親は軍人でスパルタで、自閉症であろうと我が子を強く育てるために格闘技を習わせたり、いじめっ子に殴り込みをかけさせにいったりとそういった訓練をさせている。なぜ殺し屋になったのかまでは描かれていませんが、少なくとも殺人の方法は父から受け継いだものだと。…そういったケアはされてるんですが、どうしても結びつけて観てしまいますよね。

つまりテーマとジャンルの噛み合わせが悪くて、気持ち良く見れない。この手のジャンル映画って敵を一瞬で倒す爽快感って絶対条件だと思うんです。だけど、施設や父親からのスパルタ訓練の回想を交えながら事件を解決していく主人公がなんだか辛そうに見えてくる。この回想もなんのきっかけもなく、ただただ思い出されていくだけなのでストーリーテリングのための回想にしか見えず…

こういったテーマがありつつも、主人公の家族問題、ヒロインとの逃避行、裏社会の金、主人公を追う財務省のストーリーが同時に進行し、絡み合うため、終わってみると何を面白がればいいのかわからない印象になってしまったことは否めません。なんだか飲み込みずらい映画に……

アクション自体は良く、伏線の回収なども見ていてるし、ユーモアな部分もあってイイ!派手すぎずなところも好み!だけど……社会問題を扱うようなそぶりを見せつつ、そうでもないというような歯切れ悪いんです。

 

おそらく、これシリーズ化して続編もあると思うので、もう少し全体のバランスを考えた作りを期待いたします…!!

 

低いところから失礼いたしました!

 

1分で読める映画感想文!SFホラー映画の金字塔『エイリアン』

今年の9月に公開予定の『エイリアン コヴェナント』はSFホラー映画の金字塔『エイリアン』の前日譚『プロメテウス』の続編。つまり、エピソード0.5にあたる作品となります。

さっそく予告編が公開されており、それを観た筆者は「おおおおおおおお…!」と唸りました。1979年に公開された『エイリアン』を撮ったリドリー・スコットが原点回帰し、最先端の技術で『エイリアン』を撮る!これほどあがるものはない!その予告編がこちら。

 

つーことで、今回は原点となる第1作『エイリアン』

 

『エイリアン』はそのストレートすぎる名称のせいなのか、モンスターとしてかなりアイコン化されてしまって、聞くとちょっと鼻で笑ってしまう風潮がないだろうか!??筆者自身も小さい頃に家族で行っていたカラオケ館にエイリアンの等身大のゴム人形が置いてあり、それをひたすらペタペタ触ってた思い出がある。良くも悪くもそれくらい日常に溶け込んでしまったのがSF映画界のスター!エイリアン!

lib865029

しかし、改めて冷静に本作を観たらそんなユルいことは言っていられない。じゃあ、『エイリアン』の何がイイのか。まとめて書きなぐっていこう。

 

①デザインの強烈な美しさ!

言われてみれば黒光りするチ○コのような印象も否めないがこのエイリアンのデザインが強烈かつ美しい。劇中で出る台詞通り「完全生物」と呼ぶにふさわしいと思う。

alien-xenomorph

主人公たちが乗ってくる宇宙船のデザインもしびれる。ただ美しいだけでなく、エイリアンと同じような質感をしていて、どこに奴らが潜んでいるのか全くわからないという恐怖も煽る。このデザインのリンクが終盤で最高の演出をしてくれます。

 

②あらゆるところから攻める恐怖演出!

本作の恐怖の対象はエイリアンなんですが、それ自体が映る時間は実は短い。『ジョーズ』と同じく見せないことで想像させて煽る。焦らずに恐怖の要素を丁寧に1つずつ重ねていって、じらしてじらして、たまったところでバッ!ギャーーーー!!とやってくる。

20160329200942

この丁寧でゆっくりなテンポがとてつもなく恐ろしいんです。

また、主人公たちのいる船の機械が動く「どっくん…どっくん…どっくん…」とまるで心臓のような音がずっとするわけです。気づいたらこっちまでどっくん、どっくんいってる。この緊迫感はたまりません。

 

③主人公の成長と人間の汗!

なんといっても主人公のリプリー。もはや宿命と言っていいほど、シリーズを通してエイリアンと戦い、シリーズ終盤ではとんでもない関係になっていきます。

main

このリプリーのツナギ姿がたまらないですね〜。ただの航海士なんですが、この戦いによって止むを得ず強く強くなっていく。このリプリーのクローズアップがイイんですな。恐怖におののく様子がぐわんぐわん伝わってくる。顔も手も汗だくなんです。この汗がまたいいんっすね。そして、ラストで戦闘を終え安心してツナギを脱ぎ下着姿になるリプリー。この安心しましたよ演出からの展開が本作の白眉と言っても過言じゃないでしょう……。

20150703170327

 

ぜひ今からご鑑賞あれ。

新作映画『幸せのひとりぼっち』ネタバレ無しの感想文 〜笑って泣ける!生と死の攻防戦!〜

愛する妻に先立たれた頑固じじぃオーベ。サービス券の効かない花屋にブチギレ、犬を散歩させる隣人に「ションベンさせるな!」とブチギレ、車両通行禁止の道路を車で通行するワガママ顏の役所の人間にもブチギレる。

周囲からも孤立状態のオーベはある日、長年勤めた会社からも解雇を言い渡され、孤独の中で死を選ぼうとする。

「愛する妻 ソーニャ。今からそっちへ行くよ…」

部屋で首を吊ろうとするが、スーパーで買った万能ロープが重さに耐えれず切れてしまう。

hqdefault

「どこが万能なんだっ!」

オーベは死ねない。怒りも収まらない。

そんな時、隣にパルバネー大一家が引っ越してくる。この家族は賑やかで騒がしいく、厄介ごとをすぐオーベに頼んでくる。オーベは死ぬタイミングを失ってしまう。最初は面倒だった厄介ごともなんだかだんだんと生き甲斐に変わっていき……

「ソーニャ。そっちへ行くのは遅れしまいそうだ」

 

LiLiCo姉さんが2016年のナンバーワンに決めた本作。温かくて、笑えて、泣けるそんな作品ではあったけれど、筆者はまた違ったところに惹かれました。

オーベは作中で何度も死のうとするんですが、その度にソーニャとの記憶が蘇る。回想が走馬灯になってるんですね。その回想シーンがあった後で自殺に失敗するオーベが映される。その失敗の原因は隣に越してきた賑やか大一家なわけです。さらに、死のうとしてるオーベが猫を飼い始めたり、車の運転を教えるハメになったり、子供の笑顔を好きになったりこの大一家がオーベの「生きる理由」をドンドン増やしていく。この対比がとっても面白かったんです。

154705

回想の中で、ソーニャはめちゃくちゃステキな女性なんです。凛としていて、力強くて、ユーモアも、大胆さも聡明さも兼ね備えてる。オーベとは真逆で、時間にルーズではありますが許せてしまうほどキュート。なんですけど、劇中では死神の存在なんです。オーベが死のうとすると、過去のソーニャとの思い出が蘇る。これは幻想です。それとは逆に賑やか大一家が生きる理由を増やしてくれる。その理由というのは面倒くさいものばかりなんですけど、これって深いですよね。孤独だと楽だけど死にたくなるオーベ。人と関わると面倒くさいことはあるけれど、生きる活力になっていく。

こう考えるとですね、死んだ奥さんソーニャは今のオーベにとってやっぱり死神ですよね。死へと誘う死神。そこから生へと引っ張り出すのが賑やか大一家のパルバネー。

この生と死の攻防が面白い。

a-man-called-ove-2-e1479812645381

ソーニャの思い出はステキなんですけど、それと同時に怖い。賑やか大一家はめんどくせーけど、それが生きてる人間らしさを醸し出してる。生きるって面倒くさい事なんだと。

そして、子に恵まれなかったソーニャとオーべが用意していたある物がある人の手に渡る。古い世代が新しい世代へと引き継ぐ命のリレー。ここで主人公オーべの役割が1つ終わり、あのエンディングへと繋がっていく。生と死の攻防戦がありながらも、笑って泣けるとっても深く温かい映画です!ぜひ!

 

シネマランキング2016(2016年度公開作品)

明けましておめでとうございます。

昨年からスタートした本コラムをご愛読いただきありがとうございました。今年もよろしくお願いいたします。

去年、鑑賞した2016年公開の映画70本の中から、大変に低いところからではありますがランキングをつけさせていただきました。そもそも映画に順位をつけることは嫌なんですけが…!なんか、盛り上がるじゃないっすか⤴︎ということで、つけます。

 

この年末年始でぜひ参考にしてください。

 

第10位

『エクス・マキナ』

image

理由!

心理サスペンスがめっちゃ面白いし「新たな生命の誕生」とその第一歩にクソ感動した!観たことないモノを見せてくれるのは映画の醍醐味!特に終盤でエヴァが男どもを裏切り、クローゼットで人間ではなく、オンナになるシーンが美しすぎる!

 

第9位

『アイ アム ア ヒーロー』

165471_01

理由!

日本の映画でこんなエクスタシーを感じたのは初めてだったから!興奮した!「日本映画の割には頑張ってるよな〜」なんていう上から目線のコメントは言わせないよ!ゾンビそれぞれに個性があって、日本独自の銃の扱い方も新鮮だ!

 

第8位

『ルーム』

main_sp

理由!

子供の強さに感動した!最初は子供が狂ってくのかと思ったら、ダメージがでかいのは母親だった!はじめて、触れる世界に順応していく想像力が最強の息子と衰退していく母親…。周りの環境との接し方も微笑ましい!青空がバット広がるカットはもう最高!

 

第7位

『死霊館 エンフィールド事件』

小 poster final

理由!

ぶっ飛んでる!映画館であんなにビックビクになったのはとんでもない映画体験!DVDで観ちゃだめだ!しかも、内容がとてつもなく面白い。面白くて、怖いジェームズ・ワン印のホラー映画の最高潮!前作からも予算が増してて、もうこれはアクション映画でした。

 

第6位

『SCOOP!』

1

理由!

邦画の娯楽映画傑作!いい意味で無理しない題材で最高に贅沢な活劇を成立させてます!ただただ楽しい日本映画をあまり見ないので、順位高い!

 

第5位

『幸せなひとりぼっち』

news_thumb_shiawasenahitoribocchi_poster

理由!

感動作!と言われているけど、ちょっと怖いんだ!先だった妻は主人公を死へと誘う幻となっていて、隣に越してきた騒がしい隣人がその逆の立ち位置。「めんどくさい」が生きる理由になっていく!これは人生の哲学です!

 

第4位

『この世界の片隅に』

320

理由!

戦争を規模や数で表現するのではなくて、その当時の世界の片隅にいた庶民の視点から徹底して描いた新しい戦争映画。ブレてない!普通の生活がどれだけ幸せかを感じ取れるし、それがひっくり返る事への怒りも湧いてくる。

 

第3位

『ドント・ブリーズ』

320

理由!

80分代とは思えない濃厚なスリラー映画。シンプルな設定がいかに面白いかを改めて知りました。もうとにかく良く出来た傑作。何も考えずに面白い!ストレート!

 

第2位

『シン・ゴジラ』

640-3

終わったと言われていた日本の怪獣映画はまだ終わってなかった!やっぱりゴジラは日本が描くべきなんだよ!ギャレゴジがそんなに楽しみじゃなくなった!災害映画という本来のゴジラを見せてくれました!ぶっ飛んだラストの展開も超好み。

 

第1位

『怒り』

111a770b269c64bbcb071478b23aa4bb

理由!

当たり前だろ!!!

「伝える」という人類共通の普遍的なテーマを扱っていて、「信じることの難しさ」「疑うことの辛さ」を徹底的に描いてます。原作小説の改編も見事。生涯のベストに入ります。

 

 

以上です!

今年も宜しくお願いします!