映画コラム

低いところから失礼します。ジャガモンド斉藤正伸です。

 

『君の名は。』

解説とあらすじ

「雲のむこう、約束の場所」「秒速5センチメートル」など、男女の心の機微を美しい風景描写とともに繊細に描き出すアニメーション作品を手がけ、国内外から注目を集める新海誠監督が、前作「言の葉の庭」から3年ぶりに送り出すオリジナル長編アニメ。「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」「心が叫びたがってるんだ。」で知られ、新海監督とはCM作品でタッグを組んだこともある田中将賀がキャラクターデザインを担当し、「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」などスタジオジブリ作品に数多く携わってきた安藤雅司が作画監督を務める。1000年ぶりという彗星の接近が1カ月後に迫ったある日、山深い田舎町に暮らす女子高生の宮水三葉は、自分が東京の男子高校生になった夢を見る。日頃から田舎の小さな町に窮屈し、都会に憧れを抱いていた三葉は、夢の中で都会を満喫する。一方、東京で暮らす男子高校生の立花瀧も、行ったこともない山奥の町で自分が女子高生になっている夢を見ていた。声の出演は神木隆之介と上白石萌音。

 

 新海誠監督は「SF×恋愛」の組み合わせがとんでもなく上手い映画作家です。ここでのSFはファンタジーと置き換えてもいいです。非日常的な設定の映画に親近感を持たせる。これは大切なことです。

 新海誠監督はファンタジーの世界に現代に生きる若者をそのまま放り込み「恋愛」という誰もが共感できる切り口で作品を語ります。

 筆者が完全に個人の独断と偏見でぼりぼり新海監督の作家性を掘り下げれば……

 

「ねーねー、遠距離恋愛ってマジ切ない。会いたくても会えない…この状況、死ぬほど苦しい。でもさ、距離があることでさ、相手をより大切にしよって思えちゃうよね!てか、そもそも今の自分の気持ち伝えるのキビー!やっばい!マジ切ないんだけど!この感じ!え、どうしよう!まぁいいっか!走り出しちゃえ!」

 

……みたいな。まるで女子会で出てくるような恋愛観をもった監督です!こういう内容をひたすら繰り返し描いてる。マジで!正直…このナヨナヨしい恋愛観じ苦手です。オエッてきます。……偉そうに監督の作家性を語ってますが……ごめんなさい、新海誠作品は全部は観ていません。というのも、2、3本観てるうちに、なんだか後味が同じでどうせ同じものが描かれる!と悪態をつき、観る気をなくしました。すみません。

だから、本作『君の名は。』もどーせ同じでしょ!!って思って、観に行きましたが…………

 

はい、同じでした。

 

640

 いつもの恋愛観を炸裂させる新海誠節。「会いたいけど、会えない。会う方法もわからない…けど、なんだろうこの気持ち…好き……!うん!会いたい!」みたいな映画です。

 そこに1つ別のテーマも乗っかってます。それは「災害」です。3.11の東日本大震災を意識した作りになってます。人の力ではどうすることもできない「災害」によって失われた命を映画というフィクションによって救うという構図になっています。これは日本人の心の奥底にある「願望」でもあると思います。それをこの映画は果たしてくれている。今の日本人しか描けないし、今の日本人の心の琴線に触れる作品です。全く違うように見えますが、そういった点は『シン・ゴジラ』と同じ年に公開されているというのは意味が深いです。

640-2

 ただ筆者は、そういったテーマといつもの新海誠節が水と油のようにミスマッチだと思えて仕方ありませんでした。

 言い切りましょう。本作は10代〜20代の若者をターゲットにした「恋愛映画」です。特に、思春期の中高生にとってはたまんない!実際、映画館はそういった年齢層とカップルで埋め尽くされていました。筆者は今まで恋愛映画を避けてきました。なんで避けてるのかよくわからなかったんですが、今回の映画を観て1つハッキリしました。恋愛自体がキライなのではなく、主人公たちが行動をとる理由や目的が恋愛に縛られる点が苦手なんだと気付きました。

 どういうことか?

 「恋愛」とジャンル分けされた映画はもちろん恋が成就するかしないかが物語の推進力になります。主人公が男だとすれば、彼が行動する理由は好きな子に会いに行くだとか、好きな子のためにプレゼントを買うだとか、好きな子を傷つけた男に啖呵切りにいくとか…そういったものになりますよね。しかも、時には周りに多大な迷惑をかけてまで行動を起こす。男と女の狭い世界だけで完結している狭い世界がキライで、そういった主人公らの行動原理が気に食わないんだと思ったんです。

 本作『君の名は。』もそれなんです。

 ファンタジー要素があるとはいえ、物語の主軸は2人の恋です。しかし、クライマックスでとんでもなくスケールがでかくなります。ネタバレを避けて言えば、500人の人命を救えるかどうか!?みたいな話になってくる。ここの盛り上がりで筆者はゾクゾクしました。それまで、恋愛ファンタジーだったものがタイムリミットサスペンスにジャンルが切り替わっていくんです。さっき記した通り、3.11と重なり合う部分もありますから、こちらとしては本当に祈りながら見守るんです。助かってくれ!って。しかし…!!!あと少しで500人が死ぬ!という大事な場面で主人公の女の子が……会いに行っちゃうんですよ!ここで!好きな彼に!!!!

maxresdefault

 

 何してんだよ!!!

 「やっと会えたね」じゃねーわ!やかましいわ!!そういう行動をとることによって、500人が命を落とすかもしれないんだぞ!!!

 作り手的にも他のお客さん的にもこのシーンは最高なんでしょうが、筆者にとってはキツイ。

 筆者は気付きました。「恋愛映画」って男女のエゴを見せられる拷問なんです。恋愛ってそういう面が大きいと思うんで、それ自体を否定してる分けじゃないですが…!これを映像作品としてどう観ればいいかわかりません。結果的には本作はハッピーエンドなんで、捉え方としては2人の絆が命を救うってことになってるんですが……どうしても、男女のエゴが美化されてるように見えて仕方がない。そんなんじゃないでしょ!って思ってしまいます。筆者が斜めに見過ぎなんでしょうか。だとしたら、誰か助けてほしいです!

 

…と、ここまで書いた筆者。

 書いてて思ったんですが、宮崎駿の『崖の上のポニョ』も男女間のエゴなんです。ポニョが大好きなそうすけに会うために結果的に世界が滅ぼす。って話じゃないですか、あれ。てか、ほぼ滅んでます。掟を破ったポニョのせいで世界は海で覆われるんです。不思議とその時、ポニョが乗ってくる津波のシーンがとんでもなく綺麗で涙出ます。怖いのに綺麗。よくこんな話を子供向けというパッケージで作ったなとも思うんですけど。

img_0

 『君の名は。』と同じとはいえ、筆者はポニョが大好きです。この違いは何なんでしょう?思うに、宮崎駿の方がゴリゴリに尖った作家性を貫いてるんです。振り切ってる。ポニョでは、結果人類が救われるって話ではない。具体的にそういう描写はないんですけど、2人の愛によって世界は滅びちゃう。『君の名は。』と違って、綺麗事じゃないんです。エゴを貫いたことによってちゃんと失われる。あと、新海誠作品のそもそも恋愛に関してちょっと鬱っぽい感じが苦手なんですかね。神木くんが声優を務める主人公は「喧嘩っ早い」って言われてる割にナヨナヨしてる。くらーい表情の中、くらーい心の声がナレーションで入ってくる。このテイストが生理的に合わない。早く会いに行けよ!って。ポニョはずば抜けて明るいですからね!開き直ってる!そこがまた怖いんですけど。それから、ちょっと逸れますけど、個人的にJ-POPのゴリゴリ日本語歌詞の挿入歌って物語を邪魔している気もしました!はい!終わり!!!

 

 何はともあれ、社会現象にまでなっている『君の名は。』です。ほとんどの人が絶賛してるので、筆者はマイノリティーだと思いますから、観に行って良いのでは!?(全然、感情こもってなくてすみません。)『シン・ゴジラ』と二本立てで観ると良いかもです。

 

 

 低いところから失礼しました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。