新作映画『64 ロクヨン』後編 ネタバレできない感想文 〜前編を予習しないで、観に行ってみた〜

低いところから失礼します。

ジャガモンド斉藤です。

 

『64 ロクヨン』後編

解説とあらすじ

佐藤浩市はじめ、綾野剛、榮倉奈々、瑛太、永瀬正敏、三浦友和ら日本映画界を代表する豪華キャストが結集し、「ヘブンズ ストーリー」「ストレイヤーズ・クロニクル」の瀬々敬久監督のメガホンで、ベストセラー作家・横山秀夫の小説「64(ロクヨン)」を映画化した2部作の後編。昭和64年に発生し、犯人が捕まらないまま迷宮入りした少女誘拐殺人事件・通称「ロクヨン」。事件から14年が過ぎた平成14年、新たな誘拐事件が発生。犯人は「サトウ」と名乗り、身代金2000万円を用意してスーツケースに入れ、父親に車で運ばせるなど、事件は「ロクヨン」をなぞっていたが……。後編は原作とは異なるラストへと向かっていく。

 

はじめに 〜…ていうか結論〜

 もちろん前編観たかった!しかし、もう全然やってなくて…えい!と思い劇場に足を運びました。このパターン筆者は初めて。二部作モノの映画は必ず前作をチェックしてから、行っていたのでかなりの荒技でしたが、結論を言うと…前編は観るべき!笑…これ当たり前か。

 そんな結論の上で、書き殴っていきます。

 

ミステリーでなく、人間ドラマを描く二部作…たぶん。

 もちろん、冒頭で前回のおさらい的なVは流れるから話の流れはなんとなくわかる。たった1週間しかなかった昭和64年に起きた少女誘拐殺人事件。この真相を追うべく刑事たちは奔走し…という。ただ、本作は横山秀夫さん原作なので、ミステリーというよりは人間ドラマに重点を置いている。横山さんの作品って、でかい会社とか組織の中でしがらみがめちゃめちゃありながらも、もがく主人公を描く事が多い気がします。本作もそう。

 だから、たぶん前編では64事件によって被害者はもちろん刑事がおったダメージや事件の余波が描かれているはず…。そして、後編でそれぞれの人生はどうなるのか!?という構成なんです。ポスター見ればわかりますが、登場人物はだいぶ多い。だからこそ、二部作で描いてるんだろうと。

 つまりね、後編から観てもその人物たちんバックボーン全くわからない!!!なんか、みんな神妙な面持ちで暗い。すんげー怒ってる人とかいるし。状況読めてない自分に笑ってしまいました。要するに誰にも感情移入できてない状態で始まるから蚊帳の外なんです。「そんな怒んないでよ!ほら、君もそんな暗い顔してないでさ!」とお気楽な気持ちで鑑賞してしまいました……完全に筆者が悪いんだけど。

354943_001

 

燃えるシーンはあった。

 そんな状況でしたが、燃えるシーンがありました。64事件を踏襲したような事件が発生して、刑事たちが身代金を運ぶお父さんの車を追跡するんです。犯人からの電話に焦る父は車のスピードを出しまくるわけですが、事故るから、それを止めようとする刑事たちの緊迫感に燃えました!!!犯人の直接的な攻撃ではなく、二次災害を抑え込もうと揉める感じがたまんないんですよね。犯人との攻防戦ではなく、こういう風に物語を盛り上げる方法が筆者は好き。こういう場面をもっと観たかったですね〜

 

佐藤浩市の勘違い

 筆者の嫌いな勘違いシーンがありました。

 予告編でもある佐藤浩市さんの「刑事はそんなこともわからないのか!」って怒鳴りつける場面。同僚の刑事たちにブチ切れるシーンです。予告編から察するに組織内にある隠蔽や愚行に対して、一匹狼である主人公が正義の言論をかざす!みたいな痛快な場面かと思ったんですが…これ…主人公の勘違いだったんです。警察が犯人逮捕のために行っていた行為を間違って叱っちゃってた…恥ずかしいーーー!

 てか、こういうシーンやめて欲しいですよね!?なんか肩透かしじゃないですか?しかも、言ってるセリフがこの作品のテーマを表してるようなとってもイイ台詞なんです。この台詞は保身を考え隠蔽をしてた警察という大きな組織。つまり悪な権力に対して発して欲しい。でも、実際は主人公の早とちりだったって……ただダサいよ!

354943_006

 

まとめ

 前編を見てなくて本当に後悔してます。全然、書けない!笑 あの引きこもりの子とか瑛太や吉岡くんの立ち回りとかいっぱい気になったのに…前編を観てないから何も語れないよ!

 みんなは必ず前編を観てから、観ましょう!

 

 前編を観ないで後編見るというとんでもない低い次元から失礼しました。ごめんなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です