映画コラム

低いところから失礼します。

ジャガモンド斉藤です。

 

絶賛公開中の『シビル・ウォー キャプテン・アメリカ』を劇場で鑑賞。クライマックスのあるしかけに食らって、真っ先にこの作品を見直したくなった!

 

『アイアンマン2』(ジョン・ファブロー監督)

あらすじと解説

マーベル・コミックの人気作品をロバート・ダウニー・Jr.主演で映画化した「アイアンマン」の続編。新たなキャストとして、スカーレット・ヨハンソンとミッキー・ロークが参加。巨大軍事企業の経営者であり、天才科学者でもあるトニー・スタークは、前作で自ら開発したすさまじいパワーを発揮するパワード・スーツを装着し、アイアンマンとしてテロ組織と激闘を繰り広げた。その後、スタークはパワード・スーツを軍事利用のため国家に引き渡すよう命じられるが、これを拒否する。一方、スタークを敵視するウィップラッシュがアイアンマンと同等なパワーを持つスーツでモナコGPに現れ……。

 

最新作『シビル・ウォー キャプテン・アメリカ』に関しては以前、記述した記事をお読みください!

『シビル・ウォー キャプテン・アメリカ』 ネタバレ無しの感想文 〜この映画は恐ろしい!どこまで進化する!? MCU映画〜

 

さて、この『アイアンマン2』はMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のスーパー・ヒーロー軍団アベンジャーズを牽引するアイアンマンの続編。現在、アイアンマン単体の映画は3まで存在し、その中間に当たる作品です。

 

正直、批判の声が多い本作…『シビル・ウォー』の記事の時にヒーローモノ続編の問題点を筆者はこう書いている。

 

『ヒーロー映画で主人公の「成長」を描きやすいのは決まって第1作目だ。

だいたい主人公は何らかの事情で何かしらの力を得て、得た力の責任を自分に問い、ヒーローになるかならないか悩む。で、クライマックスでちゃんとヒーローになる決意する。

大体がこのプロットである。

続編では「ヒーローを続けるかどうか」で悩んだり「大切な人を失う」みたいな展開になり、ヒーローとしての気持ちよい成長は描きにくくなっていく。要するに話がなかなか前に進まないのだ。』

(どこまで進化する!? MCU映画『シビル・ウォー』より引用)

 

 

こんな偉そうな理屈を語っているし、たしかに『アイアンマン2』はヒーローものの続編として傑作とは言えない…が……筆者は本作『アイアンマン2』

大好き!!

理屈関係なく、どうしても愛してしまう映画がこの世には存在する!

誰がなんと言おうが、おれはお前を愛している!!!

そういうことがあってもいいじゃない!

 

ストーリーのアラはたくさんあるし、ツッコミどころもあるけれど、今日はそんなこと全く無視!

愛だけを書きなぐる!!!

ブログのパートナー 柿沼先輩がちゃんと批評してくれているので「てめぇの愛なんて読たくねーよ!」って方はこちらへジャンプ!

マーベル映画『アイアンマン2』の感想。マーベルシリーズ(MCU)これから全部観る。その3

 

さて!『アイアンマン2』

まず戦闘シーンがイイ!

本作メインの敵はアイアンマンことトニー・スタークの父ハワード・スタークによって追い出されてしまったアントン・ヴァンコの息子イワンだ。

「もう少し早ければ、お前がトニーになるはずだった…」という遺言を残して亡くなったアントン。息子イワンは、アイアンマンの復讐に燃え、F1レースの会場に乱入!(なぜかトニーはF1レースに参戦!)イワン自身が作ったアイアンマン対抗スーツで襲いかかる!トニーが乗ってるレーシングカーは真っ二つにされ、スーツのないまま抵抗するトニー。

 

はい!まずここ!

燃えるぜ!

 

アイアンマンスーツは無くともレーシングカーのドアでイワンを後ろから殴りつけたり、車のガソリン漏れを利用して爆発を起こすトニー!それまで最強だった男が丸腰でも立ち向かう姿に燃える!しかも、ここでトニーは普段のスーツではなくレーシング用のスーツを着ているのだ!

main_large

燃える!いや、萌える♡♡♡ 

 

ちなみに、本作ではトニーが冒頭でタキシードを着ていたり、汗だく状態でボクシングをしてたり、顔が開いた状態のアイアンマンスーツを着てパーティーしたりしてて、衣装のバリエーションが最高に萌える。

本作はロバート・ダウニー・Jrの衣装萌え映画なのだ!これは1でも3でも無い点だぞ!

悪戦苦闘を強いられるトニーの元へ車で駆けつけるのは新社長であり恋人でもあるペッパーと秘書のハッピー(ちなみにアイアンマン1,2の監督であるジョン・ファブローが演じている)

車でそのままイワンに激突するものの、イワンは武器であるムチを振り回し、車は再び真っ二つ!

「ケースをよこせ!」とトニー。

アイアンマンに変身可能なアタッシュケースをペッパーが投げようとする…!が、イワンをひき続ける車は揺れが大きくなかなかトニーに渡すことができない!

 

はい!!!ここだ!!!

 

近頃のアイアンマンはいつどんな状態でも変身できるが『アイアンマン2』の時点ではスーツが無いと変身ができないというアナログ感!(十分ハイテクなんだけど!)仲間の助けがないとスーツを装着できないトニーを助けようとするペッパーとハッピーの奮闘!このチームプレイが最高じゃねーかよ!なかなかアタッシュケースを渡すことができない中、イワンの電子ムチが炸裂するというヒヤヒヤ感!たまんねーよ!このギリギリの接近戦がたまんねーよ!フルCGでドンパチじゃなくて、この肉弾戦!

なんとか、ケースをトニーの元へ投げ出すペッパー!!!

ケースが……

しゅるしゅるしゅるしゅる〜〜!

トニーがガッ!ガチャン!ウィーーーン!

キュいいいいーーーん!

7cf0bcd6ffe12bb8be80abdcfe4661eb

 

うっはーーーー!かっけぇぇえええええええ!

 

しかもさ、このアイアンマン マーク5のデザインが……

i320 

 

え、赤と銀…!?

 

19695347

この金じゃなくて……

 

赤と・・・

Mark_V

銀・・・

a8b727611778939e8b656a79a6126e9d

 

早く私を撃ち殺して!

ああ、最高にカッコイイ…

 

もうこの時点で好きすぎるから、映画を止めてもいいくらい。むしろ、このシーンを2時間観てたいくらい。いや、もう観よう。そうしよう。それくらいこの映画を愛しすぎて抱けるんです。いやもうなんならMARK5みたいなテンガを作って欲しいくらいなんですけど…(自分でも意味わかんないです)

アクションだけでなくストーリーも好きなんです!

前作パート1でスタークは自分の開発した武器によって瀕死の大怪我をし、その後遺症によって日に日に「死」に近づいてるんです。アイアンマンを続けることで自分の首を絞めている。でね、だいぶ上に書いた通りヒーローものの続編って成長は難しいし、カタルシスが無いというのがよくあることなんです。

 

本作2もそれに陥ってる。

 

ただ…アイアンマンにおける筆者の言う「ヒーローもの続編問題」ってちょっと違くて、それを聞いて欲しい!

スタークは自分の作った武器で死にかけて、自分の作ったアイアンマンスーツのせいでより死に近づいていく。襲ってくる敵もかつてトニーの父が追い出したロシア人の息子 イワン。イワンには、アイアンマンを殺すことが目的で…。これって…すごい狭い世界での話なんですよ。

犠牲になっていく人々はただの巻き添え。この世界の狭さって、アイアンマン3部作には共通していて「世界征服を企む悪人と戦う」っていう物語ではなくて、トニー・スタークという才能に嫉妬した人たちが敵なんです。言ってしまえば、「いや、トニーさん。あんたとあんたのお父さんのせいじゃねーか」というツッコミで片付いてしまう戦いが多い。

言っちゃえば、アイアンマン3部作は、トニーが親父と自分のやってきたことの尻拭いをする話なんですよね。

…これってなんか変ですよね。筆者は上記のような点をこう解釈しています。

 

アイアンマンは親子で殺戮してきた人たちの亡霊、化身と戦っている。

 

トニーの父 ハワードは核兵器を世に生み出し、息子スタークは武器商人として近代の戦争を牽引した。

この親子、すげー重い罪があるんです。

運命と戦う話なんです、アイアンマンって。

テクノロジーによって戦争を進化させた親子がテクノジーで世界を元どおりにしようとするんです。その行動によって生まれる歪みが、アイアンマンの戦わざるおえない状況に繋がっていく。要するに、トニーは自分たちで作り出した大きな流れに逆らい、逆流させようといている。

こういう話だと、筆者は解釈しています。

ちなみに『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』や『シビル・ウォー キャプテン・アメリカ』にもこの手の傾向が見られる。ただ、アベンジャーズはこの後、宇宙規模で戦いを広げるので知り拭いだけじゃないですよ!

 

そういった観点から見ると、トニーの父が息子に残した秘密のビデオレターのシーン…。すこし悲しげな表情とかも踏まえて…泣いちゃいます。

親子で運命に立ち向かうんですよ!『アイアンマン2』は!

 

筆者はこの親子だとか師弟だとか縦のつながりみたいな話にすげーーー弱ぇんす。

スターウォーズだって、ずっと親子、師弟の運命を描いてますもんね。

 

他にもさ、ペッパーとブラック・ウィドーの2ショットが最高!!特にお尻がイイ!

 20101023200244 Scarlett_Johansson_Gwyneth_Paltrow_9123212859

アイアンマンの不貞腐れてドーナッツ食べるシーンが可愛い!

335567view001

とか、たくさんあるんだけど…

 

もうさ。どうよ?十分しょ?抱けるでしょ?この映画。

これを踏まえて『シビル・ウォー』とか観るとやばいのよ!!!

 

こんな記事読んでないで(うそ♡もっと読んで♡)まだこの祭り間に合うんだからさ!TSUTAYAと映画館に今すぐ走りなさいよ!!

 

低いところから失礼しました。

 

 

コメント

    • かぼちゃ
    • 2016年 6月 17日

    「トニー・ハワード親子が運命と戦う話」そう見ると、また、アイアンシリーズも面白さが深まりますね!

    ドン・チードル演じるウォーマシーンことロディとの喧嘩シーンが好きです。(しれっと演じる俳優変わってるのに、そんなに違和感がない感も)
    その分、シビルウォーのトニーの怒りに共感しちゃいます。

      • saitou
      • 2016年 6月 20日

      ぼく的にはそう解釈してますね。
      あの喧嘩シーンのQueenの曲流れるところ最高ですよ。俳優変わったのは、ぼくいやでしたね〜笑
      トニーの怒り!ほんと苦しいですよね!あそこのシーンは!

  1. この記事へのトラックバックはありません。