読んだら必ず観たくなる

低いところから失礼します。

ジャガモンド斉藤です。

 

2015年秋の公開当時から「三谷幸喜ファンからも大ブーイング」みたいなことがネットで盛り上がっていて、酷評の嵐となっていた三谷幸喜監督『ギャラクシー街道』

garaxy-turnpike-1

周りでも本作の話題は出なかったし、特別三谷好きというわけではないので、ノータッチだったが・・・

「つまらない」とみんなが言うものを「つまらない」と思い込むことはいけない!と『テラフォーマーズ』の記事で書き殴ってしまったので、一応・・・ということで今回、DVDにて鑑賞させていただきました。

 

 

観てみて、びっくり…

 

みんな何を言ってるんだ?

これは三谷幸喜監督の映画7作目なんかじゃない!

三谷幸喜監督の初となる「荒手の企画物AV」ではないか!!!

 

まずは予告編と解説から!

三谷幸喜の長編映画監督7作目で、三谷映画としては初めて宇宙が舞台に設定され、全員が宇宙人の登場人物たちによって織りなされるスペースロマンティックコメディ。香取慎吾が主演し、綾瀬はるかがヒロインを務めるほか、優香、遠藤憲一、小栗旬、大竹しのぶ、西田敏行ら豪華キャストが集う。西暦2265年、木星と土星の間に浮かぶスペースコロニーの「うず潮」と地球を結ぶ、スペース幹線道路「ギャラクシー街道」は、老朽化が進んで廃止の噂もささやかれていた。そんな街道の中央にひっそりとたたずむハンバーガーショップ「サンドサンドバーガー・コスモ店」には、スペース警備隊やスペースヒーロー、スペース客引き、スペース娼婦など、今日も様々な宇宙人たちが集う。

 

「え?どこがAVなの?」と思ってあなた。

なぜ筆者が本作を「荒手の企画物AV」と断言しているのかを以下のたった2点(それくらいあれば十分)まとめてみた。

 

「荒手の企画物AV」になった理由①

「笑えるところが1つもない」

 

・・・なぜならAVだからだ!

これまで6作品の長編映画を監督、脚本してきた三谷監督。(筆者はすべて鑑賞済み。ちなみに処女作『ラヂオの時間』が三谷映画のベスト1だと思っている)

筆者が今までの三谷幸喜監督作を観ていて、

「これ全部、映画じゃなくて舞台でいいんじゃないか?」

とずーーーっと思っていた。

映画でやる必要性が全く感じれない。というかそもそも映画に向いてない。

なぜ映画に向いてないか・・・一番わかりやすいのが映画の「撮り方」だと思うので、筆者が思う事をまず読んでもらいたい。

三谷作品は「これセットじゃん!」と毎回、必ず感じさせてくれる撮り方をしている。わかりやすく言えば、NHKでやってるアメリカのホームドラマみたいな撮り方だ。セットがあって向かい側にはカメラがあって、カメラの後ろにはお客さんがいて、役者はそこに向かって芝居をしている。三谷作品は完全にそれ。つまり、舞台で公演しているお芝居を客席からずっと撮影しているかのような構図がずっと続く。だから、カメラは横に動いてる。縦の動き、奥や手前への動きが全くない。

映画が舞台演劇と違うところの1つは「物語を切り取っている」ということだ。物語が進む中で、カメラは「どこを映すのか」つまり、今現時点でお客さんに何を見せたいのか。その切り取り方が監督のオリジナリティであり作家性になっていく。三谷映画は違う。たしかに本作は「群像劇タイプのAV」でもあるので、店内に散らばる人物たちを順番に映し出してはいるが、ただ「会話を撮っている」だけ。つまり舞台にセットを建てて、聞いてほしいやりとりや事件に上からスポットライトを当てていることと変わらない。舞台でも全然できる事だ。むしろ舞台での方が向いている。

上記のような「撮り方」や、脚本の構成、役者の演技のつけ方・・・など、とにかく映画に向いてない。

これは決して悪口ではない。そもそも映画という土俵に三谷監督は合っていない!

そんな三谷監督がここでなぜSFというジャンルに手を出したのか・・・

それはSFという設定を利用して、特殊効果とかメイクを使って新たな笑いを取る!!

ということだと筆者は考える。

その作戦は見事に失敗している(本当に映画として本作を撮ったのなら)チープなCGやSFならではの設定を活かして笑いにしようとしたところはハッキリ言って全部スベってる。(本当、売れてない芸人という低い立場から申し訳ないですが!)

唯一、笑えたのは綾瀬はるかさんの下をペロ描写と、ミラクルひかるさんの上手すぎるデリヘル嬢演技。

G8OWBji6mbAUKku_u1xkD_73 o0480054013463616744 

どっちも三谷監督は関係なくて、役者の力量。

 

ていうか、笑いはいらないのだ!何度も言うが、これはAVなんだから!

 

「荒手の企画物AV」と断言できる理由②

「起きる出来事すべてがゲス」

Galaxy

「スペースロマンティックコメディ」という訳のわからないジャンルによってカモフラージュにされているが、物語の中で発生する出来事は以下のようなものだ。

 

①「浮気の疑惑が約3件も発生する!」

主人公夫婦がお互い嫉妬渦巻く構成になっているので、話の軸になっているが、そんなんが主軸でいいの?

 

②「男が剥ける話」

一応、劇中内では「脱皮」という表現がされている。生々しい上に笑えない。

 

③「ローションまみれの異星人」

ここでは香取くんが無意味に人種差別的な言動をしているし、その問題へのアンサーも全くないので不愉快

 

④「普通にデリヘル嬢、出てくる」

観客が勝手に勘違いするけど、そうじゃなかったみたいなパターンかと思いきや、本当にデリヘル嬢だと思ってたやつが本当にデリヘル嬢として出てくるから引く。

 

⑤「小栗旬くんがデカくなる」

旬くんはトイレの個室に上司を呼び出して全裸になり、「見ててください。どんどん大きくなりますよ」というセリフを放つハレンチなシーンがある。ここは女性向けのAVになっているのか?

 

⑥「遠藤憲一がSM嬢みたいな格好をして、あえいでる」

これに関しては本当に意味がわからない。需要もない。

 

⑦「昆布をローション代わりにする」

出産シーンでぬめりが必要という急展開に。そこで昆布が活躍する。どうしてもローションしか連想できない。

 

 

どうだろうか!!

ブワーーーっと要点をまとめたが、これだけの要素が集まっていれば、もう企画物AVだろ!!

結果的にそうなったわけではなく、これだけの要素があるということは三谷監督の意図なのは間違いない。

 

本ブログは「映画コラム」と謳っているのに、ついついアダルトビデオを扱ってしまいました。大変に申し訳ありません。

だけど、三谷監督の変わった性癖を覗くことができる作品は本作以外にないから!みんな!TSUTAYAに急げ!

 

ちなみに筆者はこのDVDを返却する際「これSFの棚じゃなくて、ピンク色の暖簾の向こうの棚ですよ」とジャンルの間違いを指摘するつもりだ。

 

ほんと低いところから失礼しました。

 

P.S ラストで西川貴教さんが熱唱するシーンは『消臭力』のCMの方が笑える。

news_header_galaxykaido_201509_01

 

コメント

    • かぼちゃ
    • 2016年 5月 26日

    ほんと、その通りですね!笑
    E.Tのあの大好きなシーンがこれ見た後だと、ゲスなイメージになりますね笑

      • saitou
      • 2016年 5月 26日

      そうなんですよね!笑
      ウルトラマンのパロディもそういう風に見えてしまいます…呪いですね。企画モノだと思ってまた観ると見え方変わると思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。