読んだら必ず観たくなる

低いところから失礼します。ジャガモンド 斉藤です。

先日のゴールデンウィークに公開されたものの、最初から存在しなかったようなシカトっぷり。笑 レビューでは某進撃映画と同じくらいつまらない!!!とか言われ、完全に他の大作に埋もれている三池崇史監督『テラフォーマーズ』

最近、世の中ではみんなが「いいね!」と言うから自分も「いいね!」と言う傾向がある。逆もしかりで、つまんないと言われるとつまらないんだと思い込んで食わず嫌いする。もったいない!ってことで『テラフォーマーズ』観てきました。

 200 

結論から言うと

言うほど悪くない!!

みんなそんな目でテラちゃんを見ないでよ!悪い子じゃないんだから!

 

これはこれで楽しめる。ということで、書き殴っていきます。

 

まずは、あらすじから

火星で人型に進化したゴキブリ「テラフォーマー」と人類の壮絶な戦いを描いた大ヒットコミックを、鬼才・三池崇史監督のメガホンにより実写映画化。主演を「悪の教典」でも三池監督とタッグを組んだ伊藤英明が務め、武井咲、山下智久、山田孝之、小栗旬ら豪華キャストが集った。2599年、人口増加による貧富の差が激しくなる日本では、新たな居住地開拓のために「火星地球化(テラフォーミング)計画」が始まっていた。しかし、火星の気温を上げるためにコケとともに放たれたゴキブリが異常進化してしまう。そのゴキブリたちを駆除するため、15人の日本人(そうじゃない人いるよね…?)が火星に送り込まれるが……。送り込まれた彼らには昆虫のDNAが組み込まれており、各昆虫の能力を人間大のサイズで発揮することがきでる。彼らは異常進化してしまったテラフォーマーたちと死闘を繰り広げるのだった。

 

・・・どうだ!

 

2599年という「いつだよ!」というバカっぽい設定と、火星の気温を上げるためにゴキブリを送り込むというなんだかよくわからないテラフォーミング計画……もうこの時点でまともな実写映画を観れると思ってる方が悪い!うん、つまりおまえが悪い!(無茶苦茶でごめんなさい)「いまやってる映画で何観たらいい?」と聞かれたら、確実に名前をあげない映画だが、完成度の高い映画ばっかり観ないでたまには頭の体操をしよう!(ちなみに筆者は原作の漫画は途中まで読了!だけど、ウル覚えです・・・もちろん漫画の設定としては楽しい!)

きっと本作を最後まで鑑賞しニコニコしながら劇場を後にすることがきたならば、そのあとの人生で他人のどんな失態でも許すことのできる心の優しい人間に成長することができるに違いない!!

 

そう!『テラフォーマーズ』は人の心を優しくしてくれる映画なのだ!

「人に優しくなりたい」と悩む君は今すぐ映画館へ向かおう!

 

それでも観る気にならない君へ!ここで、『テラフォーマーズ』の「具体的にどこが君を優しくしてくれるのか」をポイントで紹介していこう!きっとこれを読めば、観た気にもなるし、観る気にもなるかもしれない!

 

①ケイン・コスギの日本語が上達していて安心する!

みなさんお馴染みのケイン・コスギさんが本作にはゴッド・リー役で出演している。

tera051

ゴッド・リー。強そうだ。

最初は黙って端っこに座ってるので「あれ?日本語変だから喋らないキャラ?」と思いきや、最初の戦闘でしっかり見せ場が用意されている。しかも、主人公 伊藤英明を日本語でだますという登場のしかた。

news_header_terraformars_201603_01

テレビを見てて「いつ日本語がうまくなるんだろう」と不安になっていたみなさん、大丈夫。

ケイン・コスギに日本語は上達している!

映画が始まってずっと不安な気持ちが続くが、ケイン・コスギの「日本語披露のシーン」(もちろん披露がメインではない)によって一気に気持ちが落ち着き、安定した精神状態で映画を観ることができる!もうこの時点で君は優しさに包まれている!

 

②人生で大切なことは、何事にも疑問は持たず実践すること!

みんなで乗ってたきた宇宙船バグス号。しかし、そのバグス号はテラフォーマーたちの襲撃によって宇宙船としての機能を失ってしまった…。もう地球に帰れない・・・。そんな絶望感がメンバーたちの間で漂う中、艦長が一言。

艦長 「バグズ1号の動力を使おう!」

みんな「なに!?バグズ1号?!1号が存在したですか!?」

驚愕する主人公たち。

そう!かつて火星に送られた別の宇宙船が存在したのだ!主人公たちが乗ってきた宇宙船は2号だったのだ!彼らは命綱であるバグズ1号を目指して、勇敢に火星の荒野を進むのだった…!うん!明快な展開だ!

問題はここではない、そのあとバグズ2号が画面に映った時、筆者はとんでもないものを目にしてしまった。

バグズ2号の機体表面に大きな字で

「2」と書かれていた。

 

もう一度言おう。

と書かれていたのだ!

 

主人公たちは宇宙船に搭乗する時「2の件」は話題に出なかったのか??

「2ってなんだろうね・・・まぁいいっか!」 となったのか?

よくもまぁ、2と書かれた宇宙船に乗ってきて1号の存在を聞かされた時、新鮮なリアクションがとれたなと感心する。さすが一流の役者陣。嬉しいサプライズを用意してくれた艦長に気を遣ったのか。それともみんな頭がテラフォーマーしちゃってたのか・・・

 

③山ピー、そのカツラはどうしたの。

気づいてると思うけど、山Pのカツラは被る意味がわからないし、ゴワゴワでなんか変。

154x300xtf004-154x300.png.pagespeed.ic.2KMavfA66D

設定では、主人公たちは昆虫DNAを活性化する注射によって、昆虫の威力を増し、テラフォーマーたちと対等に戦えるようになっている。

クライマックスの戦いで、山Pは自分に注射を連射!

その注射によって身体は痛めつけられ(なぜか注射を打てば打つほど弱くなっていく。そして、なぜか髪の毛が伸びる…)敵の攻撃ではなく、自滅していく。

Cckv_A0UUAAX3su

山Pの頑張りもあって、テラフォーマーズは全滅!生き残った主人公 伊藤英明。テラフォーマーズの残骸が散らばる焼け野原に山Pらしき影が・・・

「ギギギ・・・ギギ・・・ギギギギギ・・・・」

と虫の叫び声が聞こえる…

まぁ、なんて可哀想な姿に…!!山Pは完全にバッタの姿と化していた。(なぜかダサいカツラだけは残っている)

bug_tonosama_batta

バッタの顔面画像はグロいのでイラストにしました。

 

ゆっくりとバッタPに歩み寄る伊藤英明。

そこでバッタ男が一言

 

バッタ男「お前らに惚れちまったぜ…」

 

えええええ!!???・・・しゃ、しゃ、しゃべれるの!???!

 

完全にバッタのDNAに乗っ取られたんじゃないの??

見た目は完全にバッタと化し、言葉を失ってしまったが、魂…つまり意思だけは山Pのまま。ということであれば、まだわかる。違う。別に声が変わるわけでもなく、ハッキリと山Pがしゃべっている。

 

「バッタの仮面を被った」山Pがそこにいた!

 

名作『ザ・フライ』ではを観てないのか!??

 

戦うために。仲間と一緒い生き残るためにバッタ男に変身したんだから・・・

仲間と通じ合える唯一の手段「言葉」は失いなさいよ!

 

伊藤英明「おい!大丈夫か…!?」

バッタP 「ギギギ・・・ギギギ・・・ギギギギギ」

伊藤英明「…こんな姿になっちまいやがって…」

バッタP 「ギギギギギギ・・・ギギギギ・・・」

伊藤英明「お前のおかげで救われたんだぜ・・・」

バッタP 「・・・ギギギギギギギギギギ!!」

 

 

で、いいじゃないか!「ギギギ」でいいじゃないか!

最初はいがみ合っていたが、最後まで一緒に戦ってくれた同志の声を聞くことができない・・・切ないじゃないか!ドラマじゃないか!!

※ちなみに原作でもこういう設定らしいので、なんとも言えませんが、「映画向きではない」と判断する部分はしっかりアレンジする。原作通りにするべきところは守る。というメリハリは大事。

なんだよ!これ!ふざけんなよ!結局、突っ込みどころ満載じゃねーか・・・!!

 

・・・はっ!ごめんなさい!ついつい熱くなって「優しい心」を失っていました。

まだまだ修行が足りない。

 

でもでも!そもそも三池崇史という監督は質もジャンルも幅広いから楽しい!という存在だから、これはこれでアリなんですよ!ということで、この記事を読んだ上でも鑑賞してもいろいろと「優しくなれる」ポイントがたくさんあると思います!ぜひ観に行ってください!(ごめんなさい、全然説得力ない)

 

低いところから失礼しました。

 

コメント

    • NASAの人
    • 2016年 5月 25日

    原作を読んだだけで、この映画観てないので詳細は全くわかりませんが失礼します。
    宇宙船の号機の件は別に問題無いと思いますよ。
    初めての月面有人着陸もアポロ「11」号でしたし。
    「1号が存在したことは予想がついてたけど、まさか火星に有ったとは知らなかった」という論理は通用すると思います。
    なぜ船員に伝えられてなかったのかというのも「機密情報だから」の一言ですね。

      • saitou
      • 2016年 5月 26日

      NASAの人さん。
      コメントありがとうございます!ジャガモンド斉藤です!
      たしかに、それ一理ありますね!
      ただ、個人的に思うのはその意見を踏まえた上でも「わざわざ2って書かなくていいのでは!?」と。機体にバカ正直に2!と書いてしまうことが間抜けに感じたんでんす!書かなくてもいいですからね。
      1号機の存在が発覚した時のリアクションは再度見る必要があるので、DVDリリースされ次第、再確認します!

  1. この記事へのトラックバックはありません。