『トビラ・ウネリ』日記

今ラップに目覚めまして、会社の同僚がトラックを作り、女性の先輩に歌をいれてもらって、いい感じの曲が出来上がりそうです。

 

29歳の初期衝動です。楽しい!楽しみ!

 

なにやってんの?ってかたにはこの前のブログをみて頂いたらよりなにやってんの?と思って頂けると思います。

最近の活動こんな感じです。

 

 

 

 

そして、やっとこさここまで来ました!マーベル映画『アベンジャーズ』。

ぐへー短いような長いような……でもまだ道のりが長い……。

 

正直楽しみな気持ちと飽きて来たような気持ちがありますが、

それでもなんとか観て来れたのは中間地点のこの映画『アベンジャーズ』があったからです、早速映画『アベンジャーズ』の感想にいきたいともいます!

 

今回の僕の立ち位置。

  • キャプテン・アメリカもソーもこの為にみた!
  • これが面白くなかったら困る!
  • でも、ちょっとマーベル映画に胃もたれ気味かも

 

 

 

 

ストーリー

人知を超えた悪によってひそかに進められる地球壊滅の陰謀。それを食い止めるべく、大富豪で天才発明家アイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr)、神々の国から地球ヘと追放された雷神ソー(クリス・ヘムズワース)、感情の爆発によって容姿を激変させる科学者ハルク(マーク・ラファロ)などを集めた部隊アベンジャーズが結成される。しかし、各々が抱えているつらい過去や苦悩が浮き上がっては衝突し合うようになり、人類史上最大の危機に立ち向かうチームとしての機能が消失しかけていた。 -yahoo!映画より

 

僕の感想まとめ

 

  1. ハルクに怯えるヒーロー達が最高
  2. 僕にとってトニー・スタークはツンデレ、キャップは苦手
  3. そんなのどうでもいいぐらいラスト20分の爽快感

 

 

 

まず、正直言います。途中で寝ちゃいました。はい。

 

後輩に話したら

「ええ!?」「アベンジャーズで寝ちゃったらもうあれですよ…」

なんて言われましたが、疲れてたんですよ…。だって、ね?なんか、同じじゃん?

なんとなく、いつも…。同じじゃん…。ね?

 

 

ハルクに怯えるヒーロー達が最高

とかいいつつ。とかいいつつ。僕が今回大好きな設定がこれです。

ハルクが怒って暴れたら終わるという恐怖!

で、それのどこがいいの?と思うかもしれませんが、僕がこれに興奮するのはスーパーヒーロー達が怯えてるということです。女性ヒーローブラック・ウィドウがアベンジャーズに誘うためハルクを説得するシーンで、ハルクが大声だすととたんに余裕を振りまいていたブラック・ウィドウの表情に緊張と恐怖が表れます。

恐怖を見せないのがヒーローの宿命のようなものなのに、みんなハルクが暴れた終わる。ハルクが暴れたら止められないと緊張感を漂わせています。

ヒーローが怯えてる。これはなかなかみれるものじゃないからぐっと来ます。

 

僕は圧倒的なパワーというのが大好きです。

フィギアスケートでも、相撲でも、宇多田ヒカルが出て来た時も、圧倒的なパワーが勝ちまくる姿は爽快で、

「いけー!!ぶったおせ!!なぎ倒せ!!焼き払え!!!」

そんな気分になる。

 

圧倒的なパワーというのはいつでも閉鎖的な気持ちに大きな風穴をあけてくれたり、あけてくれるんじゃないかという希望が満ちています。

 

ハルクのバトルスタイルにはそれがあります。

ちなみに前に書いたハルクの記事

「マーベル映画『インクレディブル・ハルク』の感想。マーベルシリーズ(MCU)これから全部観る。その2」

 

 

実際作品の中でハルクが怒るとめちゃくちゃ強いです。神様のソーでさえなかなか止められません。ちなみにそのソーだって神様だけあって、アイアンマンのスーツを素手で握り潰せるぐらい強いです!たまにかみなり使うんだけどもっと使いまくればいいのに!

 

ハルクが戦闘機をまるでぬいぐるみの腹の綿をむしるようにぶっ壊すシーンとか最高ですね。

しかも暴れる前のハルクは優秀な科学者でなよっとしたおっさんなのもいい!

 

 

じゃあなんで寝たの?

 

 

僕にとってトニー・スタークはツンデレ、キャップは苦手

といってもハルクはビジュアルが好きじゃないので、変身すると気持ち悪いなーとちょっと引いちゃう自分も…。

僕は映画『アベンジャーズ』の中ではトニー・スタークが好きです。でもそれは「アイアンマン」の時のトニー・スタークです。テロによって平和に目覚め。自分の正義の為にしか武器を使わない。天才発明家で、発明の為なら努力や肉体労働もいとわず、精神がよわく秘書がいないと何もできないあのトニー・スタークです。

ですが、この『アベンジャーズ』では周りのやつを挑発しては苛立たせ、ただ仲違いする為だけに動くような、物語の奴隷のようになっています。

ねえトニー!あの時のトニーをもう一度みせてくれよ!

それでもアイアンマンのスーツはめちゃくちゃかっこいい。

今回の個人的ベストスーツアクションは歩いてると負荷なくスーツを脱がせてくれるビルの屋上!

 

おおやっぱりスーツアクションはかっこいいなーと思っていると性格の悪いトニーが出て来ていらだち、とおもったらクリーンエネルギーを開発している慈善家だったりするから憎みきれない…。

 

それに対してキャップはいいところがみつからない。キャップ好きの方すみません。僕、今のところこのキャラしんどいっす。

 

だって、キャップってただのドーピング野郎なんだもん。トニーにも言われてたけど、キャップを強くしたのはトニーの父親で、キャップ自体はなにもしてない。ドーピングしてもらえなかたらひょろひょろの頭がいいわけでもないただのコンプレックスの固まりじゃん。

なのになんでキャプテン・アメリカとか言えんの?

キャプテン・アメリカとか言うからよっぽどプライドの高い高貴な精神なのかなと思うと、人に暴言吐くわ、短気だわ、暴力的だわで、キャップいいとこなしじゃん!

これは俺が悪いんじゃない。こうゆうキャラにしたててるのが悪い!!

 

ハリウッドの持つ傲慢で嫌な部分の代表みたいなキャラになってるよー。それでキャプテンならあきらめるけど。

 

ただ、マーベル好きの後輩が

「でもキャップは人の精神が増幅して、悪の道に陥ってしまう手術をされてもあの心でいられるからめちゃくちゃいいやつなんですよ。」

 

と言っていて、あーそうなのか。なんかやっといいところ見つけられたと思いました。

 

 

 

 

そんなのどうでもいいぐらいラスト20分の爽快感

 

ラスト20分の前に眠くなってきて、ちゃんと観たいから観るのやめたんですね。

それが正解でした。ちょうど大決戦の前で、そこまでの感想が上記2つだったんですが、

そのあとの20分はそれまで全く関係なく楽しい。

いや、最高でした。

 

 

アベンジャーズそろう前に個人がどんどん戦っていくんですが、その中でもアイアンマンの飛行戦はもう

ガンダムみたい!サイコミュ?サイコミュ飛ばしてるよね?キュベレイみたいになってるよね!?

 

 

特に、ハルクが最後に合流して、超巨大兵器みたいなやつをパンチ一発で叩き付けるところは凄すぎて笑った!

あれみんな笑うところだと思うんですが。ハルク1人で全部倒せるんちゃう!?

キャップはやっぱりほとんど見せ場無くて、なんかおなさけで演出してもらってるような感じだけど、

もうアイアンマンとハルクですよ。まじで。

 

ハルクがやられてふっとびながらついでに敵をなぎ倒していく感じとかね!

あと、主犯のロキのやっつけかた!最高!!

 

アイアンマンが空中戦でガンダムみたいにビュンビュン飛びながら多分ニュータイプに覚醒しちゃってて、

もうなにやっても命中するわ、敵の攻撃避けれるわ、

飛行戦からそのまま地上におりてキャップの盾を借りて攻撃し、ちょちょいとやっつけたらそのまま空へ飛び上がる一連のワンカット。凄すぎでしょ!

 

 

ここまでやってくれるとなんにも考えなくていい!めっちゃきもちい!

もうひたすらにハルクとアイアンマンがとてつもないですよこれ!

 

 

しかも、やっぱりキャップはわざとなんじゃないかと思うぐらいヘタレ扱いされてるんですよ。

もう意図的だと思う。

 

キャップとトニーが口論になったときの爆弾論争。

キャップは自分の方が優れた人間だと主張するためにある発言をするんですが、

結果的にトニーの言ってた事の方が正しいし、トニーじゃなかったらアメリカ終わってたよ。

ハルクとアイアンマンは敵の攻撃くらっても大丈夫なのにキャップは一発でアウトだし。

つまりこれわざとそう見せてるとしか思えない。

 

 

じゃあなぜそんな演出なんだ?

 

この先に答えがあるのか?

 

 

マーベル映画『アベンジャーズ』そしてMCU…。

これは映画館で観なきゃいけない映画だ。てことは『シビル・ウォー』も、急がなくては。

 

 

映画『アベンジャーズ』の感想は、個人的満足度88点!

 

人生の山札には入らないけど極上のエンターテインメント映画でした。

ストーリー、設定、丁寧さ、全て『アイアンマン』のほうが上ですが、

それでもラスト20分はこの映画に求めてる全てが最高密度でつまってたので、「アイアンマン」の上をゆく点数です。

 

 

あと付け足しでよかったのが、ここまでの5作をみてきてるから、設定について説明する事無く問答無用で進んでいく感じが、それまで観て来た自分としては嬉しかった。いちいち説明入れられたらうるさいし遅くなるし。

 

最後にいやなこと一つだけ。シールドが「マイティ・ソー」の時から不快感があるんだけど、

結局『アベンジャーズ』って軍隊だし兵器扱いで、眼帯してるやつも平和を抑止力で造ろうとしてて、

「アイアンマン」観てないの!?ってつっこみたくなる。

なんかやっぱりアメリカンな、軍隊と武力は正義という考え方が消化しきれない。

 

 

 

さあ、今後どうなっていくのか!

『シビル・ウォー』まで間に合うか!!頑張るぜ!!

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。